サジーにたっぷり含まれる「リンゴ酸」はどんな効果がある?

サジージュースにはリンゴ酸がりんごの7倍以上含まれている

リンゴ酸などの有機酸と呼ばれる栄養素が「疲れを取る」というのはもはや常識。酸っぱいものを取ると体が喜ぶのを実感する人も多いはす。
でもなぜそうなのか?はよくわからないところですよね?

リンゴ酸は「クエン酸サイクル」という体にあるシステムを活性化します。
クエン酸サイクルというのは「酸性物質を分解してエネルギーに換え、体を弱アルカリ性に変える」こと。
疲労というのは体が酸性に傾いたときにおきるものなので結果、疲労回復するというわけです。

リンゴ酸は消化される過程でクエン酸サイクルに取り込まれ以下のような変化をします

  1. リンゴ酸
  2. オキサロ酢酸
  3. クエン酸
  4. cis-アコニット酸
  5. イソクエン酸
  6. アルファケトグルタル酸
  7. コハク酸
  8. フマル酸と8種類の酸

以上のように変化する間に少しずつ酸の量は減っていき、その分は熱エネルギー、二酸化炭素、尿や汗に変換されます。

 

 

クエン酸サイクルが正常に保たれると

  • 糖質の代謝がアップ
  • 効率よくエネルギーにな
  • 脂肪がたまりにくくなる

などが期待されます。

 

クエン酸サイクルが不調だと

  • 乳酸がたまり疲れやすくなる
  • 体脂肪が増える

という結果になります。体内に乳酸が増えると体内の免疫力が低下してしまいます。

 

日常の生活で疲れを感じた時やコリを感じている時は「体内に多くの乳酸が貯まっている状態」だと言えます。

乳酸を滞らせないためにマッサージやお風呂などで血行を良くすることも重要ですが、やっぱり体の中から乳酸を減らすようにリンゴ酸のはいった食品を毎日取りことが重要です。

 

サジージュースに含まれるリンゴ酸には美肌・美白効果も?

リンゴ酸はクエン酸サイクルによる「疲労回復」以外にも

  • 美肌美白効果
  • 自然治癒力アップ
  • ヘアケア

などに効果があると言われています。

 

 

なぜ?美肌・美白効果が??

リンゴ酸により体内がアルカリ性に保たれると新陳代謝活性化します。老廃物をきちんと排泄し、新しい細胞を作る動きも活性化します。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどと一緒に摂るとさらに美肌・美白効果が高まります。

体内が弱アルカリ性に保たれると胃腸病の予防や自然治癒力などが高まります。
リンゴ酸はダメージを受けた毛髪を修復する栄養素の一つでも合います。

 

リンゴ酸、クエン酸、カルシウムを組み合わせて摂ると吸収率が上がります。

 

 

サジージュースにはリンゴ酸だけでなくアスパラギン酸も豊富に含まれています

サジージュースを飲むと翌朝すっきり目がさめるという方が多いのには、リンゴ酸だけでなく「アスパラギン酸」のパワーもあるからです。

身体を構成する細胞のひとつに「ミトコンドリア」というものがあります。ミトコンドリアはエネルギーを生産する働きがありますが、ミトコンドリアの膜は通過が難しいためシャトルという輸送経路が利用されています。

  • 心臓や肝臓、腎臓では「リンゴ酸アスパラギン酸シャトル」
  • 筋肉や脳では「リセロールリン酸シャトル」

という方法で輸送されています。

 

 

リンゴ酸により常に身体が弱アルカリ性に保たれていれば、疲労回復や良い健康状態を保ってくれます。
リンゴ酸単体でなく、他の栄養素と同時に摂ることにより、組み合わせによって違う効能や効果をももたらしてくれる栄養素でもあります。

サジーで貧血改善すると【若々しさ】までついてくる!~その老け顔は栄養不足の可能性~

サジージュースを飲むと白髪がなくなる?というウワサが最近ひろまっています。

白髪も含めて、私たちを脅かす「老い」の恐怖。
「日々若さが失われていく」!とあせっていても、何をどうケアしたらいいかなわからい。とりあえず化粧品とか、エステとか・・・。目にみえることから始めてしまうのも仕方がない事。

だけど、体の中を「栄養で満たす」こと以外に、若々しさを保つことは実際、難しいです。

白髪とサジージュースの関係でいえば、「サジージュースには貧血を改善する栄養素がたっぷりはいっている」ということがいえます。

なぜ貧血が改善すれば白髪がなくなるのか?についてはこちらのリンクから詳しく解説しています。

サジーで白髪対策【栄養不足、貧血が原因】鉄分アミノ酸で完全修復!

 

貧血には鉄分補給を!というのはもはや常識で、鉄分が不足してる人が4人に1人いるというのも事実です。

心臓から送り出されて、1分くらいで体中を回りまた心臓に帰ってくる。
考えてみればそれをやり続けなければ、わたしたちは生きていけないほど「血液のはたらき」はとても重要です。

 

サジージュースが血液のはたらきを支える理由

血液のはたらきは大きく分けて5つあります。

  1. 水分を保つ
  2. 酸素や栄養を届ける
  3. 老廃物や二酸化炭素を回収する
  4. 体温を維持する
  5. 免疫力をあげる

■水分を保つはたらきについて

血液が水分を保つ?ちょっとイマイチぴんと来ないですね。体の水分量のバランスが崩れると「むくみ」の原因になるそうです。アルブミンというたんぱく質が水分バランスに関係があるそうで、

  • 水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧の維持
  • 体内のいろいろな物と結合し、これを目的地に運ぶ運搬作用

と言う重要なはたらきをします。たんぱく質は「アミノ酸」を材料として作られます。食事から取り入れるべきアミノ酸が足りないと、体内でいろいろなたんぱく質の合成ができません。

サジージュースには食事で取らなくては欠乏する「必須アミノ酸」全種類を含めアミノ酸が18種類入っています。

リンネルの美容ドリンク部門第一位!

 

■酸素や栄養を届ける

■老廃物や二酸化炭素を回収する

これはまさにサジージュースに含まれる「鉄分」と、鉄分の吸収を助ける「ビタミンCと有機酸」、さらにはヘモグロビンの相方「アミノ酸」の得意分野。

酸素を届けるためには赤血球内のヘモグロビンの数が重要です。

サジーと貧血【鉄分補給に最適な自然食品】

血液が栄養を運べない倍も深刻です。栄養不足で「太る」と言っても信じられますか?実はカロリーを燃やすためには栄養素が必要です。

きちんとバランスの良い栄養を取っていないと栄養失調なのに太ってしまうという結果になります。

 

■体温を維持する

サジーはマイナス40度もの極寒に耐えながら育ちます。日本の冬のように雪も降らないので(年間降雨量300mlくらい)カラカラに乾いていて、極寒。
そんな環境の中生き抜くので、「寒さに強い」植物になるのは当たり前とも言えます。

  1. 冬が旬の食べ物は体を温める
  2. 体が温まると血流が良くなる
  3. 血流が良くなると体温を維持できる

 

■体温が上がれば免疫力も上がる

免疫力というのは「体を外敵から守る力」です。風邪などをひいたときに発熱するのは「体を免疫力の働きやすい高温にするため」です。

免疫細胞の60%以上が集中していると言われる私たちの腸を良好な環境にすることも需要で、サジージュースにはビタミンCをはじめ数種類のビタミンや有機酸が多く含まれているので、体温面からだけでなく免疫細胞を応援します。

 

サジージュースが「老い」に対抗する本当に理由は?

血流をよくして、血液のはたらきを強力サポートすることで貧血からくる「老いダメージ」を回避するサジージュースですが、実はもっと根本的なところでもアンチエイジング活動をしているのです。

それが「抗酸化作用」です。

私たちを悩ませる肌のシワ、たるみ、ほうれい線、体力低下などの「老化」と言われる現象は、増えすぎた活性酸素が原因です。

活性酸素は体内で余った酸素がストレスなどの影響で悪性物質に変わってしまったもの。
体内の脂質を酸化させ、ドロドロの過酸化脂質に変えてしまいます。

あらゆる細胞を壊し、水分をなくし、皮膚をたるませ、潤いをなくし・・・。
体内でも様々な病気の原因を作り、老化と言われるあらゆる変化を進行させます。

サジージュースにはこの「酸化=老化」に対抗する「エイジングケア栄養素」がたくさん入っています。

 

体は4ヶ月で作り変わると言われています。
サジージュースを毎日飲むことによって「老化」を遅らせることができるなら。

 

>>>4ヶ月かけてしっかりと「老い」に抵抗したいあなたはここをクリック

サジージュースで「美人」になる

サジージュースできれいになるって本当??

美容に気を使わない!という方は別にして、「きれいになりたい」と思うのは当たり前ではないでしょうか?「きれい」というのは生まれ持った造形の問題だけではありません。

どういう毎日を過ごしているかで、きれいは減ったり、増えたりするものだと思うのです。

きれいになる努力、きれいを守る努力、やってますか?

サジージュースは「美と健康」に敏感な女性に今、注目されています。

 

サジージュースは飲む美容液

人から見られて気になるところ。もちろん色々あると思いますが

  • 髪の毛のつや
  • 顔色

この三つは「ピンとくる」もの。

いろんなケア商品を試してはやめ、ドラッグストアを隅から隅まで検索して回るよりも、もっと大切なことは

「肌、髪、爪のいい材料を取り入れる」こと。そう、サジージュースで「美しくなるための栄養素をたっぷりとる」ことが大切です。

いい材料を摂って、体の中から毒素を排出す。この二つを続けていけば「自然な美しさ」を手にいいれることができます。

 

サジージュースは体をきれいに作り変える

【肌】活性酸素を増やさない生活習慣と必要な栄養素

ニキビ・・・皮脂分泌が盛んになって酸化した皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まってできる

シミ、そばかす・・・紫外線による日焼けダメージや色素沈着

肌に悪影響を及ぼす活性酸素は、生活習慣の乱れや紫外線、ストレスなどで増加します。生活の不規則なリズムから睡眠不足になることも肌には大きなダメージがあります。

肌の調子を整えるには材料となるたんぱく質(アミノ酸)と、その代謝に関わってくるビタミンB6などのビタミン、コラーゲンの合成に必要なビタミンCが必要。サジージュースにはアミノ酸もビタミンB群も、ビタミンCも豊富に含まれています。

サジージュースに豊富に含まれているベータカロテン、ビタミンE、ビタミンCなどの「抗酸化成分」を鳥、体の酸化を抑えることも重要です。

 

【髪の毛】髪や爪の質の低下は「貧血」によるもの

髪の毛がパサパサしてきたり、爪が割れやすくなっても「貧血」のイメージとは結びつかないです。貧血というのは「血中に含まれるヘモグロビンが不足」している状態です。

ヘモグロビンは、血中で酸素や必要な栄養素を全身に運ぶ役割があり、欠乏することによって体の隅々に酸素や栄養を届けることができません。

酸素は体にとって重要な部分(脳や臓器)から優先的に使われます。酸素が足りないと髪の毛や爪などの末端まで行き届きません。

本来、十分なヘモグロビンがあれば髪を生成している毛乳頭酸素や栄養分が血液によって運ばれ、毛母細胞が正常に細胞分裂を起こし、髪が伸びていくのですが、ヘモグロビンが欠乏した貧血の状態では毛乳頭に必要な酸素や栄養素がいきわたらなくなり、髪にハリやコシがなくなってパサパサしてしまうのです。

抜け毛が多くなったり、白髪の発生にも同じことが言えます。

日頃の疲れが顔や髪に出てきたなぁと感じる時がありませんか?
それはもしかしたら疲れが溜まってるだけではなくて、血液内のヘモグロビンが少ない「貧血」かもしれません。

 

【顔色】活性酸素を増やさない生活習慣と必要な栄養素

顔の薄い皮膚の下にはたくさんの血管が集待っています。顔色にはその血液の量や状態が反映されるので「体の調子」を簡単に知ることができます。

顔色が悪くて、健康な人はあまりいない、と考えても間違いないでしょう。

貧血が原因の場合も多くあります。
酸素を持ったヘモグロビンは鮮やかな赤い色をしてるのですが、ヘモグロビン自体が少ないと、血液はどす黒く見えます。

健康的な肌は「酸素を持ったヘモグロビンの赤」が透けて見えるので、うっすらと赤い、暖かい肌色をしています。

体が冷えることによって皮膚の血行が悪くなり、顔色が悪くなることがあります。

房の効いた部屋で長時間過ごすことや、冷やした食べ物などには注意が必要です。ぬるめのお風呂にゆったりとつかったり、温めたサジージュースを飲んで冷えを防ぎましょう。

サジージュースに豊富に含まれている「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEは、老化を促す活性酸素から赤血球を守り、血行を促進します。

サジーには必須アミノ酸が全種類含まれてる【体の基礎・アミノ酸のこと】

サジーに多く含まれるアミノ酸のこと、今さら聞けないこと

たんぱく質と、アミノ酸の関係について、おさらいです。

たんぱく質は約20種類のアミノ酸から作られています。難しい名前で言うと「高分子化合物」、よく体作りに必要なものとして「プロテイン」と云う言葉を耳にしますが、たんぱく質=英語でプロテインです。

  • 炭素
  • 水素
  • 窒素
  • イオウ

などから構成されています。

たんぱく質は体内で、常に分解されたり、新しく合成されたりしながら、私たちが生きていけるように働いています。

重要な役目はざっとこんなにあります。

  1. 筋肉や内臓、皮膚、爪、髪の毛など「体のすべて」を作っています
  2. 代謝に欠かせない「酵素」を作り出します
  3. 消化管や脳神経系の機能を調節します
  4. 体を感染から守る免疫を作ります
  5. エネルギー源としても使われます

 

サジーのアミノ酸は体作りすべてに関わっている

体作りのすべての基礎がたんぱく質で、たんぱく質を作ってるのがサジーに含まれるアミノ酸。つまり、アミノ酸を毎日きちんと摂らないと、材料不足になり、体のどこかに変調を起こします。

でも、なぜ「豚肉のたんぱく質を食べて、豚にならないのか?」と不思議に思うことがありました。食べてすぐ横になったら牛になるというのとは関係なく(笑)

肉や魚、大豆製品、乳製品などでたんぱく質を摂ると、いったん体内で消化吸収されて「アミノ酸」という材料の材料に分解されます。

そこから改めて人間の体に必要なたんぱく質に合成されてゆくのです。

 

サジーのアミノ酸は「食事でしか取れないもの」を多く含んでいる

アミノ酸には

  1. 体の中で合成できるもの
  2. 体の中で合成できないので食べて補給するしかないもの

の2種類があります。

サジーにはもちろん「1」も含まれていますが、重要なのは「2」の必須アミノ酸と言われるものが全種類含まれていることです。

必須アミノ酸は9種類

  1. バリン
  2. ロイシン
  3. イソロイシン
  4. スレニオン
  5. メチオニン
  6. リジン
  7. ヒスチジン
  8. フェルニアラニン
  9. トリプトファン

です。覚えておく必要はないです。サジーに全部含まれているということだけ知ってればオーケーです。

必須アミノ酸だけとればいいというのではありません。体のたんぱく質を合成する上で、すべてのアミノ酸が重要な役割を果たしています。

サジーをあったかくして、飲む

 

サジーに含まれるアミノ酸は体作りだけじゃない

アミノ酸の中には、体内でたんぱく質を作る以外にも「血液中に存在しているもの」もあります。
遊離アミノ酸と呼ばれるこれらのアミノ酸には

  • 生体内代謝で重要なもの
  • ホルモンやビタミンの成分として働くもの

があります。

細胞の中のDNA(ディオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)を作っているのはアデニン、グアニンなどのプリン塩基、チミン、シトシン、ウラシルなどのビリミジン塩基ですが、これらの合成材料になっているのは、サジーに一番多く含まれるアスパラギン酸と、グリシン、グルタミンなどのアミノ酸です。

サジージュースのアミノ酸は、遺伝子にも関係してくるんですね。

 

生理活性ペプチドって?アミノ酸の分子結合の姿

ペプチドとは、たんぱく質が分解されてアミノ酸の鎖状態が切れているものを言います。

  • アミノ酸が2分子結合した「ジペプチド」
  • アミノ酸が3分子結合した「トリペプチド」
  • アミノ酸が10個以上結合した「オリゴペプチド」「ポリペプチド」

があります。

中でも生理活性ペプチドはホルモン作用のあるペプチドの総称です。
血糖を下げるインスリンや、脳内快感成分エンドルフィンなどがそうです。

アミノ酸は私たちの「感情」にも多く関係しています。

 

サジーで鉄分補給したら、肌トラブルが減ったのはなぜ?

貧血改善のために鉄分豊富なサジージュースを飲みはじめた

女性の4人に1人は「鉄不足」。
症状がなくても「隠れ貧血」の人は周りにたくさんいるようです。

サジージュースが人気なのは「自然原料・天然果汁で鉄分を補給できる」から。
薬やサプリはちょっと抵抗があるという「自然派」な人に大ヒット中。

でも以外と知られていないのですが鉄分は「お肌の健康」にも深く関わっているのです。

 

サジーに豊富に含まれる鉄は皮膚・粘膜の形成に欠かせない

ヘモグロビンの原料となり、体を酸欠状態から改善してくれる鉄は、皮膚や粘膜の合成にも欠かせない栄養素でもあります。

鉄は美肌の天敵であるシミやニキビを攻略して、肌にハリをもたらせてくれる効果もあるのです。たんぱく質や脂質などと比べるとほんの少ししか必要ではないけれど、「元気とキレイ」に関してはとても必要なミネラルです。

鉄はたんぱく質と同じく「コラーゲンを生成するのに欠かせない栄養素」です。

老けた印象、元気のない印象になるシミやくすみ。コンシーラーでなんとか隠そうとしたり、美容サプリや高級な基礎化粧品で改善しようとする人も多いはず。
でもシミを消す最も自然で有効な方法は「鉄分補給」だと言えます。

 

なぜシミは発生するのでしょうか?
それは紫外線によって体内に発生する活性酸素の悪影響です。
この活性酸素は日常生活の中で続々と発生していますが、私たちにはこの活性酸素を抑える力が備わっているのですが、加齢とともにその力は弱くなります。

活性酸素を除去する力を持つ成分に「カタラーゼ」という酵素があります。これを作るには鉄が必要なのです。

体内でカタラーゼが生成されれば、一度できたシミやくすみをキレイに消すことだって可能なのです。

 

サジーに豊富に含まれる鉄は口の周りにニキビに悩む人にも!

貧血かどうかの判断は、赤血球に含まれる酸素を運ぶ成分「ヘモグロビン」の数などを基準にしますが、貯蔵鉄である「フェリチン値」も重要です。

ヘモグロビンが少なくなれば鉄の貯金であるフェリチンを少しずつ使ってその場をしのぎます。フェリチン値を見ることで、より潜在的な貧血を探ることができます。

そして「フェリチン値が低い=潜在的貧血」の人に多いのがニキビなどの肌トラブルに悩んでる人なのです。

大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れや、食生活の乱れなどもありますが、「鉄分不足」も大きな要因になっています。

フェリチン値が低い人はニキビだけでなく肌のくすみや顔色の悪さ、目の下のクマなどもあるようでうす。

 

鉄分不足で肌の調子が悪いと、気分が落ちてやる気がなくなる??

鉄欠乏は原因不明の頭痛やイライラしたり、集中力がなくなったrする「不定愁訴」と呼ばれる感情的に不安定な状況を引き起こします。

鏡を見て目の下に落ち込む、その気持ちも「鉄欠乏」が影響しているのかもしれません。

サジーで美肌習慣【冬の乾燥肌は高級化粧品のしわざ?】

サジージュースで内側から肌を育てる

冬めいてきて木枯らしが吹きだす頃、お肌が一年で一番乾燥するシーズンがやってきます。
カサカサお肌をなんとかしようと、保湿成分の多くはいった基礎化粧品をかったり、ハリや潤いがアップする!という広告を信じて藁をもつかむ気持ちで試してみたり。

でもそれは「肌の上からのサポート」だけ。
そしてそのサポートは実はダメージに繋がっている可能性も。

肌の細胞は内側でうまれ、順に育っていき、外側に向かっていきます。
外に行くに従って表皮に必要な成分を分泌していきます。

つまり肌は必要なものを自ら作り出す力をもっているのです。

毎日のスキンケア。あれを試し、これを試し、一喜一憂するよりも
「大切なものは体が作る。それ以外は基本的にいらない」くらいの体を作っていくことが一番大切で、自分にあったスキンケアになるのです。

サジージュースにはお肌を育てる多数の栄養素が豊富に含まれています。

貧血予防のために飲み始めたのに、なぜか肌の調子がよくなった。ワントーン明るくなったなどという体験談が続々なのは「体が真ん中から生まれ変わった」からに他なりません。

 

サジージュースで美肌作戦:スキンケアがお肌を壊してゆく??

スキンケア商品は毎年、新しい商品が生まれては消えていきます。どれを選んでいいのか?自分の肌に合ったものはどれなのか?悩みは尽きません。

スキンケア商品は、必ず「肌に何か塗る」ものですよね?
つまり外から何かをたして「潤い」や「ハリ」をつくるもの。
それ自体が、毎日生まれ変わろうとしてる肌のターンオーバーのリズムを崩してしまうことがあるのです。

基礎化粧品にも最近は高価なものが増えてきています。
そしてその多くが

「使った途端に実感できる!」

というもの。

 

使ってすぐにハリがでる秘密は「潰れて中身が出てしまった角質に無理やり穴を開けて、もう一度無理やり水分を注入し膨らませる」というものです。

これで短期間に「肌のハリ」は戻ってきたような実感が得られるでしょう。
ただ、その高価な化粧品を使い続けなければ、永遠に肌を育てるメカニズムは甦りません。

サジージュースは1日約100円。
今日明日だけ、なんとか「偽物のハリ」を手に入れたい。これから永遠にお金を変え続けてもいいという方は別ですが

  • 肌自身が持つ修復力をのばしたい
  • 新しい表皮がリズムよく生まれる肌になりたい

そんな方には毎日のサジージュースで200種類以上の栄養素をおすすめします。
あなたの肌がうまれかわるには、個人差はありますが180日程度です。

 

サジージュースのビタミンとアミノ酸で、毎日新鮮な細胞をつくりましょう

広告でよくある「しっとりとした肌に手のひらが吸い付くようなイメージ」がありますよね?もっちり肌になりました!という感じ。

実はあの「急激なもっちり効果」は肌の乾燥を加速させるものなのです。

触った感じはしっとりしてるのですが、これは「上から乗ってるだけ」です。
しかも乾燥した角質の上に「ヒアルロン酸」などの保湿成分を乗せてしまうと、肌自体が持っている保湿成分をもつ潤いを奪ってしまうのです。

その結果「表面は潤ったような状態」で「肌内部では乾燥が進む」という最悪の結果になります。次に表皮になるべき細胞が、最初から乾燥し傷ついた状態になってしまいます。

 

肌は体の他の部分と同じように「アミノ酸」と「脂肪」を主として作られています。
アミノ酸の組み合わせでできたタンパク質は、そのままだと傷つきやすいのですが、外部と接触している肌の表面には皮脂という「油脂」を出すことによって外界からの攻撃(紫外線や排気ガスなど)からまもっています。

油紙で巻くように身体をそっと包み込んでいるのが油です。油で包まれた部分【皮膚の表面】を バリアゾーンと言います。

サジーにはお肌によいオイル、油脂栄養素が、果物ではトップクラスに入っています。
肌の材料でもある「アミノ酸」は体内で作れず、食事からしか摂れない「必須アミノ酸」がすべて含まれています。

サジージュースで肌自体が持つ力をアップさせて、効果な化粧品でごまかさなくても若々しい肌になりましょう。

お肌のターンオーバーを支えるサジーのビタミン

肌のターンオーバーを正常化するためのビタミンの話

赤ちゃんの肌と、今の私たちの肌が残念ながら違うのは、加齢とともに肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー)が変化してるから。
さらに

  • 紫外線
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活

加齢以外にもこれらの要因でターンオーバーは遅くなっています。

 

ターンオーバーを促進する!という触れ込みの化粧品がたくさん出ています。試したことのない人はいないんじゃないでしょうか?

ターンオーバーを正常に保つということは、これら化粧品の歌う「促進」とは少し違うのです。

 

サジージュースに含まれるターンオーバー正常化にはたらく栄養素は?

ターンオーバー正常化のためにはたんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく摂ることと

  • 肌荒れや老化を予防する効果があるビタミンA(ベータカロテン)【サジージュースには黄色ピーマンの約4倍含まれています】
  • 抗酸化作用に優れ保湿にも有効なビタミンC【サジージュースにはレモンジュースの約10倍含まれています】
  • お肌の新陳代謝を高め、皮膚細胞を活性化するビタミンB2、B6【サジージュースにはビタミンB群も豊富に含まれています】
  • 抗酸化作用に優れたビタミンE【サジージュースにはくるみの約3倍含まれています】
  • 鉄分【サジージュースにはプルーンジュースの約22倍含まれています】

を摂ることが重要。

つまり、サジージュースなら、炭水化物と脂質以外は摂れることになります。もちろん普通の食生活に気をつけることはとても大切ですが。

 

ターンオーバー正常化のためには睡眠も大切

お肌のターンオーバーは、眠っている間に行われるため、睡眠不足もよくありません。

活性酸素を取り除くメラトニンという物質は、夜9時頃から分泌が始まり、真夜中に分泌のピークを迎えます。

この時間帯にきちんと眠っていれば、肌細胞を痛める活性酸素が、取り除かれるのでターンオーバーの乱れがなくなります。

ターンオーバーには成長ホルモンも大切。
成長ホルモンが多く分泌されるのは夜10時〜夜中2時頃です。シンデレラタイムと言われるには理由があるのです。

睡眠時間が短い日が続くことで

  • メラトニン不足
  • 成長ホルモン不足

だけでなく女性ホルモンも影響を受けます。
女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ると、お肌が乾燥しやすくなってターンオーバーまで遅れをもたらします。

 

お肌にとって大切なのは、ターンオーバーの「促進」ではなく、正常化です。

ターンオーバーは、年齢を重ねると遅くなるのはある程度仕方がありません。
肌の生まれ変わりを正常化させる基本は、スキンケアの前に日常生活・食生活を見直すこと。

ターンオーバーは「入れ替わる」という意味を持ちます。
つまり「古くなった肌」を「新しいものと入れ替える」ニュアンスです。

皮膚は

  1. 表皮
  2. 真皮
  3. 皮下組織

でできています。

一番表層の「表皮」は上から

  1. 角層(角質層)
  2. 顆粒(かりゅう)層
  3. 有棘(ゆうきょく)層
  4. 基底(きてい)層

という順に並んで構成されています。

 

 

ターンオーバーは

  1. 一番下にある「基底層」で新しい細胞が生まれて(肌の赤ちゃん)
  2. 徐々に角層まで押し上げられていき(肌が成長していく)
  3. 紫外線や刺激から肌を守るバリア機能を果たした後、最後は垢となってはがれ落ちます。

この1サイクルがターンオーバーの期間です。

このことから、肌はバリア機能を発揮できるまできちんと育っていくことが大切で、「古い角質が透明感をなくすから」と、早めに落としてしまうと、まだバリア機能のうまくできてない肌が角質に押し上げられてしまいます。

すると紫外線などの攻撃を守れず、肌のもっと深い部分まで傷つけてしまいます。

肌のキメが整っているのは「ターンオーバーが正常」だからで、古い角質が残っているわけではありません。

 

 

ターンオーバーとメラニン・シミの関係

メラニン発生の流れ

  1. お肌が紫外線を浴びる
  2. 表皮の基底層のメラノサイトでチロシンというアミノ酸がチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素によって、メラニンに変化する

ターンオーバーが正常であれば、メラニンはターンオーバーとともに、基底層から角層まで押し上げられ最後は垢として剥がれ落ちます。紫外線のダメージが過度でなければ、通常メラニンがシミになることはありません。

しかし、紫外線を長期間浴びると、作られるメラニンの量も多くなります。そうなるとターンオーバーとともに排出しきれずに黒い色素が残ってしまいます。

 

 

【ターンオーバーが早すぎ】未成熟な細胞では外からの刺激をバリアできない。

ターンオーバーが乱れ、もしくは角質が早く剥がされたお肌というのは、「準備ができていない未成熟な細胞がお肌の表面に押し上げられてしまった状態」なのです。

バリア機能が整っていないのでお肌は弱くて傷付きやすく、肌荒れなどを起こしやすくなります。細胞が水分を保持することが難しくなり、乾燥したり、敏感肌になることあります。

敏感肌の方は、「ターンオーバーが早くなりすぎている可能性」があるのでより注意が必要。肌を作る必要な栄養素が摂れてるかどうか?睡眠はとれてるか?をもう一度考えてみてください。

 

【ターンオーバーが遅すぎ】老廃物で角質が厚く、硬くなる。

ターンオーバーの周期が長くなると、古い細胞が留まって剥がれないため、新しい細胞がつくられにくくなります。そのまま表面に居続けると角質が厚くなる(角質肥厚)ことでさまざまな肌トラブルがあらわれます。

 

肌の新陳代謝にはサジージュースでお守りを!

  • 米酢の約4倍含まれているターンオーバー正常化のためのたんぱく質(アミノ酸)
  • 黄色ピーマンの約4倍含まれている肌荒れや老化を予防する効果があるビタミンA(ベータカロテン)
  • レモンジュースの約10倍含まれている抗酸化作用に優れ保湿にも有効なビタミンC
  • お肌の新陳代謝を高め、皮膚細胞を活性化するビタミンB2、B6
  • くるみの約3倍含まれている抗酸化作用に優れたビタミンE
  • プルーンジュースの約22倍含まれている鉄分

以上の栄養素が毎日摂れる。サジージュースで肌の調子を良くして、気分もあげて毎日を過ごしましょう。

サジーの抗酸化力:活性酸素の発生源「睡眠不足」

どんなに栄養を摂っても睡眠不足では効果なし

徹夜をしたその翌朝、鏡の中の自分を見てびっくり!という経験ありませんか?
顔色も悪く、肌もガサガサ、表情は冴えず

何歳も老け込んだよう・・・

なぜ睡眠不足がみずみずしい若さを奪ってしまうのか?
理由は「起きている時間に活性酸素が発生する」からです。

本来寝ている時間帯に起きているとうことは、それだけで余計に活性酸素の発生を許しているのです。

 

体を動かすエネルギーを作り出すのには酸素が必要ですが、同時に活性酸素をも生み出してしまいます。

起きて活動するだけで、活性酸素は発生するし、ストレスや紫外線などの要因で、さらに細胞を傷つけるようになります。

きちんとした睡眠は、体を回復させるだけでなく、活性酸素を発生させないという目的もあるのです。
寝る子は育つ、ではなくて、寝る大人は若々しいと言えます。

 

サジージュースに豊富に含まれる抗酸化成分は、活性酸素の発生を抑える

寝なきゃいけないとはわかっていても、仕事は忙しいし、付き合いもある。楽しいイベントもあるし・・。

いつもより多く「活性酸素を作ってしまいそうな時」は、いつもより多めの「抗酸化成分」を摂りましょう。

抗酸化成分とは活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持つビタミンのこと。

私たちの身体は本来、酵素によって活性酸素を抑える働きが備わっています。
酸素とうまく都合をつけて生きていけるように。
ところが年齢を重ねるとともに体内で作られる酵素の量は減少していきます。

そこで力を貸してくれるのが抗酸化成分。
ビタミンをはじめとする抗酸化成分は、活性酸素の働きを抑えてくれます。

 

サジージュースに多く含まれる抗酸化成分は以下の通り

  • β-カロテン(黄色ピーマンの4倍以上)・・・活性酵素の発生を抑え、取り除く働きがあります。
  • ビタミンE(くるみの3倍以上)・・・抗酸化作用のほか、細胞内に過酸化脂質が作られるのを抑える働きがあります。
  • ビタミンC(レモンジュースの10倍以上)・・・過酸化脂質の生成を抑える働きを持っています。

 

サジージュースだけには頼れない。やっぱり睡眠も大切

寝てると活性酸素がでないからと、寝てばかりいるわけにもいきません。
実際には体を動かさなければ骨や筋肉は衰えていくし、血流も悪くなってかえって老化が進みます。

眠りには必要量というものがあり、眠り始めの3時間ほどが特に重要だと言われています。
昼寝をしすぎたり、居眠りをしたりして、起きている時間が短縮された場合は、その分熟睡しにくくなってしまうこともわかっています。

眠ってから三時間の「必要睡眠」あとは比較的浅い眠りになっていきます。
寝床でぐずぐずしていても浅い眠りが増えるばかりで、体の調子は落ちてきます。

若さを保つ、活性酸素の影響を受けにくい睡眠時間は平均で7時間と言われていますが、これも個人差が大きいようです。

 

睡眠不足が若さを奪う第二の要因は「メラトニン」というホルモンです。

私たちの体はほぼ24時間をひとサイクルとして体内時計を働かせています。「睡眠」と「覚醒」のロズムを取っているわけです。そのリズムにしたがって出されるのがメラトニンです。

メラトニンは睡眠リズムをキープする働きだけでなく、強い抗酸化力をも持っています。そのパワーにより「昼間に発生した活性酸素を睡眠中に消去」しようとします。

メラトニンも睡眠のリズムが乱れると分泌されにくくなり、結果1日の活性酸素を消去することができなくなります。

 

  • きちんとした栄養バランスの食事をして
  • きちんと体を動かして
  • 毎日同じ時間に眠るようにする

そうすれば生まれた活性酸素もきちんと消去できるはずなのですが、現代人にとってはとても難しいことです。

なのでせめて毎日「抗酸化成分」のたくさん入ったサジージュースを飲むことだけは忘れずにいたいです。

水谷雅子さんのようにサジージュースでキレイな大人女子になろう!

サジージュースの愛飲者、水谷雅子さんがイチオシしてた!

艶肌をつくる美容ドリンク!

サジージュースの愛飲者で知られる「美魔女(この言い方はなんだかなーとは思うけど…)」の水谷雅子さんがサジージュースを生活に取り入れることをおすすめしてます。

年齢を重ねると経験値があがり、人間としての幅がひろがったり、考え方がひろがったりするのはとてもいいことなんだけど、お肌や髪の毛の調子が下降気味だとなんかさみしい気持ちになりますよね。

成長はしたいけど、劣化はしたくない!!

そんなオトナ女子にこそサジージュースをおすすめします。

お肌がキレイだといいことばかり!

 

お肌は毎日生まれ変わる。サジージュースをのんで「材料不足」にならないようにしないと!

どうして赤ちゃんのおはだのまま、大人になれないんだろう。
それは人は生きてるだけで傷つく生き物だから。

外に出れば紫外線や排気ガス。
たばこの煙。

ストレスはどんどんたまり、睡眠時間はへってくる。
パソコンやスマホばかりを見るから、ブルーライトで目が悪くなる。

ただでさえ体にとってはつらいことが多いのに、そこにとどめを刺すのが「栄養不足」

実はいま、戦後の混乱期よりも栄養失調の人が増えてるらしいです。
食べ物は豊富にあるのに過剰にダイエットしたり、好きなものしか食べなかったり。

体の材料になるべき栄養素や、体の新鮮さを保つ栄養素がたりなかったら、きれいなお肌や髪の毛、爪などはうまれてきません。

わたしたちは食べたものでしか体を作ることができないからです。

でも、こんなにたくさん、食べれないよぉ

 

サジージュースにはキレイなお肌の材料がたっぷり含まれています!

肌を何とかしようとおもったとき、まずやっちゃうのが「外からの補修」まずは見た目を何とか隠さないといかん!って思ってしまうけど。

「肌の奥の奥まで浸透する」っていう表現がよくつくかわれるけど、実はほんの表面だけにしか浸透しないんです。肌は何層にもなっていて、そんなに都合よくは修復されないのです。

体の中、お肌の細胞の生まれるときからサポートしないと、ほんとうのきれいな肌はできません。

お肌などからだのほとんどの材料は「アミノ酸」。アミノ酸がいろんな組み合わせで体をつくっていきます。

外からは限界なのかしら??

 

なにはともあれアミノ酸をサジージュースでしっかりとらないと!

自然界には500種類ほどのアミノ酸が存在しています。
このうち私たちの体の材料である「タンパク質」を構成しているのは20種類です。
この20種類は「少ないほうにあわせて」作用するのでどれか一つをたくさんとるより、バランスよくアミノ酸を摂ることが大切です。

サジージュースがすぐれているのは、20種類のアミノ酸をほぼ全部ふくんでいます。なのでサジージュースを毎日の食生活にプラスするだけでも「新しいお肌の材料」がてにはいることになります。

20種類のアミノ酸のうち、9種類のアミノ酸は体内で合成することができません。
なので食事でとらなくてはいけません。これらは必須アミノ酸と呼ばれています。サジージュースは必須アミノ酸を全種類含んでいます。

 

アミノ酸はタンパク質の材料となる以外にも

  • 神経伝達物質
  • ビタミンやその他の重要な生理活性物質の前駆体
  • エネルギー源

としても使われる重要な栄養素です。

サジージュースを毎日飲んで、アミノ酸補給を!

 

サジージュースは「老化ストップ力」がすごい!

アミノ酸で体の材料をとらなきゃいけないことはわかった!でも
日々衰えていくこの事実をなんとかしたい!

それはほんと、わたしたちの切実な願いですよね。
サジージュースは「老化を止める栄養素」もたっぷり含まれているんです!

お肌のシワ・たるみ・・・ほんと書くのも嫌!
これって老化現象なんです。はっきりいうと。

老化の原因はズバリ「活性酸素」。
体にストレスを感じた時に、それに対抗しようと生まれる物質です。

ストレスっていうのは「上司に、旦那にイライラする!」ていう心理的ストレスばかりじゃないんです。

  • 本来自然のものでない食品添加物
  • 紫外線
  • 排気ガス
  • 運動不足
  • 栄養不足
  • 腸内環境の悪さ
  • 睡眠不足

なども、全部体のストレスになります。

 

ストレス過多により、生まれすぎた活性酸素は、細胞を破壊し、さらにその細胞は周りの細胞を気づつけてゆく・・・。そんな恐ろしいエンドレスループにストップをかけるのが「抗酸化成分」と呼ばれる栄養素で、サジージュースの代名詞でもあります。

サジージュース!すごい!

 

抗酸化成分ってなに?

抗酸化成分というのは野菜などに多く含まれるビタミン類やポリフェノール類の総称です。アメリカの農水省と国立老化研究所などによるORAC法という測定方法で測られます。

そのORAC法で測定した結果サジージュースには「トマトの約20倍」という極めて高い抗酸化成分がはいっていることがわかりました。


まとめ:

  • サジージュースには新鮮な体を作る材料がたっぷり入っている
  • サジージュースには老化に対抗する抗酸化成分がたっぷり入っている

 

もう、飲み続けるしかないですよね??

あ、なんか変わった!あきらかに変わってきてる!