カテゴリー別アーカイブ: 肌対策

サジーにたっぷり含まれる「リンゴ酸」はどんな効果がある?

サジージュースにはリンゴ酸がりんごの7倍以上含まれている

リンゴ酸などの有機酸と呼ばれる栄養素が「疲れを取る」というのはもはや常識。酸っぱいものを取ると体が喜ぶのを実感する人も多いはす。
でもなぜそうなのか?はよくわからないところですよね?

リンゴ酸は「クエン酸サイクル」という体にあるシステムを活性化します。
クエン酸サイクルというのは「酸性物質を分解してエネルギーに換え、体を弱アルカリ性に変える」こと。
疲労というのは体が酸性に傾いたときにおきるものなので結果、疲労回復するというわけです。

リンゴ酸は消化される過程でクエン酸サイクルに取り込まれ以下のような変化をします

  1. リンゴ酸
  2. オキサロ酢酸
  3. クエン酸
  4. cis-アコニット酸
  5. イソクエン酸
  6. アルファケトグルタル酸
  7. コハク酸
  8. フマル酸と8種類の酸

以上のように変化する間に少しずつ酸の量は減っていき、その分は熱エネルギー、二酸化炭素、尿や汗に変換されます。

 

 

クエン酸サイクルが正常に保たれると

  • 糖質の代謝がアップ
  • 効率よくエネルギーにな
  • 脂肪がたまりにくくなる

などが期待されます。

 

クエン酸サイクルが不調だと

  • 乳酸がたまり疲れやすくなる
  • 体脂肪が増える

という結果になります。体内に乳酸が増えると体内の免疫力が低下してしまいます。

 

日常の生活で疲れを感じた時やコリを感じている時は「体内に多くの乳酸が貯まっている状態」だと言えます。

乳酸を滞らせないためにマッサージやお風呂などで血行を良くすることも重要ですが、やっぱり体の中から乳酸を減らすようにリンゴ酸のはいった食品を毎日取りことが重要です。

 

サジージュースに含まれるリンゴ酸には美肌・美白効果も?

リンゴ酸はクエン酸サイクルによる「疲労回復」以外にも

  • 美肌美白効果
  • 自然治癒力アップ
  • ヘアケア

などに効果があると言われています。

 

 

なぜ?美肌・美白効果が??

リンゴ酸により体内がアルカリ性に保たれると新陳代謝活性化します。老廃物をきちんと排泄し、新しい細胞を作る動きも活性化します。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどと一緒に摂るとさらに美肌・美白効果が高まります。

体内が弱アルカリ性に保たれると胃腸病の予防や自然治癒力などが高まります。
リンゴ酸はダメージを受けた毛髪を修復する栄養素の一つでも合います。

 

リンゴ酸、クエン酸、カルシウムを組み合わせて摂ると吸収率が上がります。

 

 

サジージュースにはリンゴ酸だけでなくアスパラギン酸も豊富に含まれています

サジージュースを飲むと翌朝すっきり目がさめるという方が多いのには、リンゴ酸だけでなく「アスパラギン酸」のパワーもあるからです。

身体を構成する細胞のひとつに「ミトコンドリア」というものがあります。ミトコンドリアはエネルギーを生産する働きがありますが、ミトコンドリアの膜は通過が難しいためシャトルという輸送経路が利用されています。

  • 心臓や肝臓、腎臓では「リンゴ酸アスパラギン酸シャトル」
  • 筋肉や脳では「リセロールリン酸シャトル」

という方法で輸送されています。

 

 

リンゴ酸により常に身体が弱アルカリ性に保たれていれば、疲労回復や良い健康状態を保ってくれます。
リンゴ酸単体でなく、他の栄養素と同時に摂ることにより、組み合わせによって違う効能や効果をももたらしてくれる栄養素でもあります。

サジーで貧血改善すると【若々しさ】までついてくる!~その老け顔は栄養不足の可能性~

サジージュースを飲むと白髪がなくなる?というウワサが最近ひろまっています。

白髪も含めて、私たちを脅かす「老い」の恐怖。
「日々若さが失われていく」!とあせっていても、何をどうケアしたらいいかなわからい。とりあえず化粧品とか、エステとか・・・。目にみえることから始めてしまうのも仕方がない事。

だけど、体の中を「栄養で満たす」こと以外に、若々しさを保つことは実際、難しいです。

白髪とサジージュースの関係でいえば、「サジージュースには貧血を改善する栄養素がたっぷりはいっている」ということがいえます。

なぜ貧血が改善すれば白髪がなくなるのか?についてはこちらのリンクから詳しく解説しています。

サジーで白髪対策【白髪は遺伝もあるけど栄養不足が原因】

 

貧血には鉄分補給を!というのはもはや常識で、鉄分が不足してる人が4人に1人いるというのも事実です。

心臓から送り出されて、1分くらいで体中を回りまた心臓に帰ってくる。
考えてみればそれをやり続けなければ、わたしたちは生きていけないほど「血液のはたらき」はとても重要です。

 

サジージュースが血液のはたらきを支える理由

血液のはたらきは大きく分けて5つあります。

  1. 水分を保つ
  2. 酸素や栄養を届ける
  3. 老廃物や二酸化炭素を回収する
  4. 体温を維持する
  5. 免疫力をあげる

■水分を保つはたらきについて

血液が水分を保つ?ちょっとイマイチぴんと来ないですね。体の水分量のバランスが崩れると「むくみ」の原因になるそうです。アルブミンというたんぱく質が水分バランスに関係があるそうで、

  • 水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧の維持
  • 体内のいろいろな物と結合し、これを目的地に運ぶ運搬作用

と言う重要なはたらきをします。たんぱく質は「アミノ酸」を材料として作られます。食事から取り入れるべきアミノ酸が足りないと、体内でいろいろなたんぱく質の合成ができません。

サジージュースには食事で取らなくては欠乏する「必須アミノ酸」全種類を含めアミノ酸が18種類入っています。

リンネルの美容ドリンク部門第一位!

 

■酸素や栄養を届ける

■老廃物や二酸化炭素を回収する

これはまさにサジージュースに含まれる「鉄分」と、鉄分の吸収を助ける「ビタミンCと有機酸」、さらにはヘモグロビンの相方「アミノ酸」の得意分野。

酸素を届けるためには赤血球内のヘモグロビンの数が重要です。

サジーと貧血【鉄分補給に最適な自然食品】

血液が栄養を運べない倍も深刻です。栄養不足で「太る」と言っても信じられますか?実はカロリーを燃やすためには栄養素が必要です。

きちんとバランスの良い栄養を取っていないと栄養失調なのに太ってしまうという結果になります。

 

■体温を維持する

サジーはマイナス40度もの極寒に耐えながら育ちます。日本の冬のように雪も降らないので(年間降雨量300mlくらい)カラカラに乾いていて、極寒。
そんな環境の中生き抜くので、「寒さに強い」植物になるのは当たり前とも言えます。

  1. 冬が旬の食べ物は体を温める
  2. 体が温まると血流が良くなる
  3. 血流が良くなると体温を維持できる

 

■体温が上がれば免疫力も上がる

免疫力というのは「体を外敵から守る力」です。風邪などをひいたときに発熱するのは「体を免疫力の働きやすい高温にするため」です。

免疫細胞の60%以上が集中していると言われる私たちの腸を良好な環境にすることも需要で、サジージュースにはビタミンCをはじめ数種類のビタミンや有機酸が多く含まれているので、体温面からだけでなく免疫細胞を応援します。

 

サジージュースが「老い」に対抗する本当に理由は?

血流をよくして、血液のはたらきを強力サポートすることで貧血からくる「老いダメージ」を回避するサジージュースですが、実はもっと根本的なところでもアンチエイジング活動をしているのです。

それが「抗酸化作用」です。

私たちを悩ませる肌のシワ、たるみ、ほうれい線、体力低下などの「老化」と言われる現象は、増えすぎた活性酸素が原因です。

活性酸素は体内で余った酸素がストレスなどの影響で悪性物質に変わってしまったもの。
体内の脂質を酸化させ、ドロドロの過酸化脂質に変えてしまいます。

あらゆる細胞を壊し、水分をなくし、皮膚をたるませ、潤いをなくし・・・。
体内でも様々な病気の原因を作り、老化と言われるあらゆる変化を進行させます。

サジージュースにはこの「酸化=老化」に対抗する「エイジングケア栄養素」がたくさん入っています。

 

体は4ヶ月で作り変わると言われています。
サジージュースを毎日飲むことによって「老化」を遅らせることができるなら。

 

>>>4ヶ月かけてしっかりと「老い」に抵抗したいあなたはここをクリック

サジージュースで「美人」になる

サジージュースできれいになるって本当??

美容に気を使わない!という方は別にして、「きれいになりたい」と思うのは当たり前ではないでしょうか?「きれい」というのは生まれ持った造形の問題だけではありません。

どういう毎日を過ごしているかで、きれいは減ったり、増えたりするものだと思うのです。

きれいになる努力、きれいを守る努力、やってますか?

サジージュースは「美と健康」に敏感な女性に今、注目されています。

 

サジージュースは飲む美容液

人から見られて気になるところ。もちろん色々あると思いますが

  • 髪の毛のつや
  • 顔色

この三つは「ピンとくる」もの。

いろんなケア商品を試してはやめ、ドラッグストアを隅から隅まで検索して回るよりも、もっと大切なことは

「肌、髪、爪のいい材料を取り入れる」こと。そう、サジージュースで「美しくなるための栄養素をたっぷりとる」ことが大切です。

いい材料を摂って、体の中から毒素を排出す。この二つを続けていけば「自然な美しさ」を手にいいれることができます。

 

サジージュースは体をきれいに作り変える

【肌】活性酸素を増やさない生活習慣と必要な栄養素

ニキビ・・・皮脂分泌が盛んになって酸化した皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まってできる

シミ、そばかす・・・紫外線による日焼けダメージや色素沈着

肌に悪影響を及ぼす活性酸素は、生活習慣の乱れや紫外線、ストレスなどで増加します。生活の不規則なリズムから睡眠不足になることも肌には大きなダメージがあります。

肌の調子を整えるには材料となるたんぱく質(アミノ酸)と、その代謝に関わってくるビタミンB6などのビタミン、コラーゲンの合成に必要なビタミンCが必要。サジージュースにはアミノ酸もビタミンB群も、ビタミンCも豊富に含まれています。

サジージュースに豊富に含まれているベータカロテン、ビタミンE、ビタミンCなどの「抗酸化成分」を鳥、体の酸化を抑えることも重要です。

 

【髪の毛】髪や爪の質の低下は「貧血」によるもの

髪の毛がパサパサしてきたり、爪が割れやすくなっても「貧血」のイメージとは結びつかないです。貧血というのは「血中に含まれるヘモグロビンが不足」している状態です。

ヘモグロビンは、血中で酸素や必要な栄養素を全身に運ぶ役割があり、欠乏することによって体の隅々に酸素や栄養を届けることができません。

酸素は体にとって重要な部分(脳や臓器)から優先的に使われます。酸素が足りないと髪の毛や爪などの末端まで行き届きません。

本来、十分なヘモグロビンがあれば髪を生成している毛乳頭酸素や栄養分が血液によって運ばれ、毛母細胞が正常に細胞分裂を起こし、髪が伸びていくのですが、ヘモグロビンが欠乏した貧血の状態では毛乳頭に必要な酸素や栄養素がいきわたらなくなり、髪にハリやコシがなくなってパサパサしてしまうのです。

抜け毛が多くなったり、白髪の発生にも同じことが言えます。

日頃の疲れが顔や髪に出てきたなぁと感じる時がありませんか?
それはもしかしたら疲れが溜まってるだけではなくて、血液内のヘモグロビンが少ない「貧血」かもしれません。

 

【顔色】活性酸素を増やさない生活習慣と必要な栄養素

顔の薄い皮膚の下にはたくさんの血管が集待っています。顔色にはその血液の量や状態が反映されるので「体の調子」を簡単に知ることができます。

顔色が悪くて、健康な人はあまりいない、と考えても間違いないでしょう。

貧血が原因の場合も多くあります。
酸素を持ったヘモグロビンは鮮やかな赤い色をしてるのですが、ヘモグロビン自体が少ないと、血液はどす黒く見えます。

健康的な肌は「酸素を持ったヘモグロビンの赤」が透けて見えるので、うっすらと赤い、暖かい肌色をしています。

体が冷えることによって皮膚の血行が悪くなり、顔色が悪くなることがあります。

房の効いた部屋で長時間過ごすことや、冷やした食べ物などには注意が必要です。ぬるめのお風呂にゆったりとつかったり、温めたサジージュースを飲んで冷えを防ぎましょう。

サジージュースに豊富に含まれている「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEは、老化を促す活性酸素から赤血球を守り、血行を促進します。