カテゴリー別アーカイブ: 抗酸化

サジーといえば抗酸化【老化の原因・酸化を抑える】ビタミンやポリフェノール

サジージュースで老化をストップ:抗酸化サジー

最近テレビでも「抗酸化」や「酸化」を目にする事が多くなってきました。
病気になることも老化も、食生活を含めた生活習慣が大きく関わっています。
現代ではそれにストレスという厄介なものが関わっていますが、その全てにおいて影響しているのが「活性酸素」なのです。

活性酸素や酸化を考えるときに

 

「え?酸化?酸素は体に必要なものでしょ?」

 

と思いますよね?
そう、私たちは酸素がなくては生きていけません。

でも実は酸素は「猛毒」でもあるのです。
酸素を吸って生きる私たちはその猛毒を抑える力を持っています。それが抗酸化力です。

普通に生きていれば、自然の食品を食べていれば特に困ったことはなく、抗酸化力がなくなった時が「自然な寿命」と言えるのですが、現代社会の中で生活していくと酸素の中でも破壊力の強い「活性酸素」が出過ぎるのです。

活性酸素って、元気のいい酸素っぽいから良いものかと思ってた

 

 

サジージュースで老化をストップ:体が酸化すると見られる変化

 

1:シミ・シワ・くすみなど肌荒れ

紫外線によって作られた大量の活性酸素。酸化していく肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されますが、多すぎるとターンオーバーが間に合わないためシミやソバカスとなります。

また活性酸素は真皮のコラーゲンにダメージを与えてしまうので、ハリや弾力性が衰えてたるみやシワができることに。またバリア機能が低下してターンオーバーが乱れやすくなるので乾燥したり、くすみやお肌のごわつきなどの肌荒れ症状が現れてしまいます。

 

2:白髪など老化現象がおきる

酸化は、お肌だけでなく髪にも影響します。増え過ぎた活性酸素は、髪の黒い成分を作る「メラノサイト」までも攻撃してダメージを与えてしまうのです。するとメラニンがつくられなくなり、白髪に。

 

3:免疫力が落ちる

酸化の影響は美容だけにとどまらず、免疫力も低下させてしまいます。活性酸素が大量に発生している環境では免疫細胞がうまく働くことができず、免疫力が落ちて風邪を引きやすくなったりアレルギーなどの症状が出やすくなったりします。

 

4:脳の神経細胞が傷つく

脳はエネルギーとしてたくさんの酸素を必要としています。その分大量の活性酸素が発生し、ダメージを受けやすい器官。

ただでさえ脳の神経細胞は年齢とともに減っていくため、酸化によって傷つけられると、疲れやすくなったり思考力や記憶力が弱くなったりしてしまうことに。

 

え〜〜老化現象はちょっと困る!

 

サジージュースで老化をストップ:体を酸化させる「活性酸素」って?

私たちは酸素を吸って、体のなかにある栄養素と結びつけてエネルギーを生み出しています。
活性酸素は呼吸をするだけでも発生しますが、体に様々な影響を与えてしまうまで増えすぎる要因は次の8つだといわれています

 

1:加齢

歳をとるから減るのか?減るから老化するのか?
体内の抗酸化物質は20代をピークに年々減っていきます。活性酸素を撃退する力が少なくなってくれば活性酸素はどんどん増えてきます。

 

2:紫外線

紫外線はかなり有害な紫外線。そもそも活性酸素発生の原因の多くは「紫外線から体を守るため」なのです。
肌に直接紫外線を浴びると、それに負けまいと特に強力な活性酸素が生まれます。

 

3:大気汚染や添加物

本来自然界にない物質が体内に入り込むと、体は「有害なもの」として退治するために大量の活性酸素を発生します。紫外線で化学反応を起こした大気や排気ガスも気をつけるべきですが、食品添加物も同じです。
体に害はないとしても本来食べるべきものではない場合、消化器官には強いストレスとなり、活性酸素を発生させます。

 

4:喫煙

ニコチンやタールなど、タバコに含まれる成分も大気汚染や食品添加物と同じ「体に入るべきものでないもの」です。
体を守るために大量の活性酸素を生成します。
酸化を防止する「抗酸化成分」であるビタミンCはタバコのニコチンやタールによってよって破壊され流のでさらに酸化が進みます。

 

世の中って、悪いものばっかり??

 

5:激しすぎる運動

適度な運動はストレスを発散するにも、血行を良くするにもいいことですが、激しすぎる運動をすると呼吸量が増えて酸素が多く取り込まれるため、活性酸素も通常時より多く発生します。

 

6:ストレス

現代社会でストレスを感じずに生きるのはとても大変。不可能かもしれませんがストレスを感じると体はストレス緩和のために「副腎皮質ホルモン」を分泌します。そのことにより活性酸素が生産されてしまいます。
このとき「抗酸化成分」であるビタミンCが大量に消費されるため活性酸素を止める事ができなくなってきます。
ストレスを受けると一時的に血流が悪くなり、回復するときに活性酸素が発生します。

 

7:お酒の飲み過ぎ

お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解します。そのときに活性酸素も生まれます。アルコールの分解酵素が少ないなどいわゆる「お酒が弱い人」はより多くの活性酸素が発生するので飲酒はしないほうがいいでしょう。

 

8:食生活

お肉などの動物性脂肪は腸内で分解されます。摂りすぎた脂肪は肝臓で解毒され流のですが、同時に活性酸素を生みます。
食品添加物も異物と見られストレスになりますが、特にトランス脂肪酸を多く含むマーガリンなどは活性酸素が発生しやすい食品。ケーキなどに使われるショートニングも同様す。
添加物満載のジャンクフードをなるべく食べないようにしましょう。

体の中がこんな風になるのは嫌だ!

 

サジージュースで老化をストップ:サジーに含まれる抗酸化力は?

 

 

【ビタミンC】
緑黄色野菜やフルーツに含まれるビタミンC
ビタミンCは水溶性なので熱に弱いので、生で食べるのがオススメです。

サジージュースにはレモンジュースの約10.15倍のビタミンCが含まれています。

 

【ビタミンE】
ひまわり油・やし油・べに花油やごま・アーモンド・ピーナッツなど種実類に含まれています。
サジージュースにはくるみの約3.12倍のビタミンEが含まれています。

 

【ポリフェノール類】
プルーン・りんご・赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶など
フルーツの場合、皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため、皮ごと食べるのがオススメ。

サジージュースは皮ごとピューレにしたものなのでポリフェノールたっぷりです。

 

 

 

【鉄分などのミネラル類】
海藻類(わかめ・のり・昆布など)、魚介類(桜えび・うるめいわしなど)、納豆など

サジージュースは植物ですが鉄分や亜鉛などのミネラルを豊富に含んでいます。

 

【カロテノイド】
緑黄色野菜やフルーツの黄色、オレンジ、赤色の色素成分。パプリカ、トマト、ホウレンソウ、ミカンなど
濃い色の野菜やフルーツを選べばたくさんカロテノイドを取ることができます。

サジージュースの濃いオレンジ色にはカロテノイドが豊富に含まれています。

 

 

アトピー性皮膚炎とサジージュースの抗酸化力

サジーの抗酸化力【アトピー性皮膚炎の原因は活性酸素?】

アトピー性皮膚炎は、子供に多い病気だと思われています。

実際、2000~2002年に行われた厚生労働省の全国調査では

  • 4ヵ月児の12.8%
  • 1歳6ヵ月児の9.8%
  • 3歳児の13.2%
  • 小学1年生の11.8%
  • 小学6年生の10.6%
  • 大学1年生の8.2%

がアトピー性皮膚炎でした。

強いかゆみと発疹(ほっしん)が繰り返す皮膚の病気で、かゆくて、かきむしってしまて、そこからまた悪化するのでとてもつらい病気です。

昔は大人になるにつれ改善していく人が多かったのですが、現在は大人にもアトピー性皮膚炎の患者さんが多くなってきました。

アトピー性皮膚炎を発症するきっかけは人それぞれなことが多く、「これだ」という決定的な原因の特定は難しいのが現状です。

しかしアトピー性皮膚炎の患者の多い地域は京浜、中京、阪神、北九州などの工業地帯とその周辺に多いことから工場から排出される公害物質や大気汚染、排気ガスなどの影響を受けている可能性が大きいです。

自動車の排気ガス、工場の煙に含まれる窒素酸化物、硫黄酸化物などの屋外の要因の他に、ホコリやダニなどの室内の要因もあります。

 

サジーの抗酸化力【アトピー性皮膚炎の患者は抗酸化物質を活性化する力が低い】

私たちの皮膚や目、呼吸器などは直接酸素にさらされています。
皮膚関係の疾患にはケロイド、火傷、刺激アレルギー性接触皮膚炎があり、アトピー性皮膚炎もそうです。これらに深く関係しているのが「活性酸素」と「過酸化脂質」dす。

アトピー性皮膚炎の人は、抗酸化物質を活性化する力が平均値より低いことがわかっています。

サジージュースには果物としてはトップクラスの抗酸化成分が含まれています。抗酸化成分は多く摂っても貯めておくことができないので、毎日の食生活で続けて撮ることが大切です。

アトピー性皮膚炎の原因「活性酸素」はとりすぎた不飽和脂肪酸の脂質を変質させ、肌の水分バランスを壊し、角質層の保湿機能が弱まり乾燥させてしまいます。

皮膚が乾燥するとアトピー性皮膚炎は悪化します。

アトピー性皮膚炎を改善するには薬剤の塗布が一番近道で、ステロイド系の薬でなんとかだましだまし生活している方が多いと思いますが、

時間はかかったとしても、

  • 抗酸化成分の多く入った食品を摂る
  • 酸化した油をなるべくとらない

という食生活習慣を身につけることも大切です。

 

食後のサジージュースはきっと、体の中からいろんなトラブルを改善していくでしょう。

 

サジーの抗酸化力が活性酸素から身体を守る

抗酸化力はもともと私たちにある力

私たち人間は生きるために酸素を必要する「好気性生物」。酸素に基づく代謝によって生きているで、酸素から発生する「活性酸素」と無関係ではいられません。

人間には活性酸素の害から身体を守るシステムが備わっています。抗酸化物質(スカベンジャー)と言う物質のはたらきです。

光合成によって酸素を発生させる植物には、活性酸素の害から自分自身を守るための物質がその割っています。それは葉緑素(クロロフィル)と言うものです。

光のエネルギーを利用して二酸化炭素と水から有機物を合成する「光合成」に役立つだけでなく、不安定な活性酸素に電子を一つ与えて安定化することで害を防いでいます。

人間に備わった抗酸化物質(スカベンジャー)には三つのはたらきがあります。

  1. 活性酸素の発生源を抑える
  2. 発生した活性酸素を捕まえて、その活性を低くする
  3. 活性酸素によって害を受けた箇所を修復し、元の正常な状態に再生させる

活性酸素の種類も多くあり、それぞれに対抗する抗酸化成分も違います。

 

サジーの抗酸化力はビタミンとカルテノイド

活性酸素を撃退するスカベンジャーは

  1. 酵素
  2. ビタミン
  3. その他

の3つに分けられます。

酵素は体の中で合成される抗酸化成分で、

  • SOD(スーパーオキシドディムスターゼ)
  • カタラーゼ
  • グルタチオンペルオキシダーゼ

などがあります。

サジーに多く含まれ得る抗酸化ビタミン

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンB群

などです。

その他の抗酸化成分にもサジーに豊富に含まれているものがあります。

  • ベータカロテンなどのカルテノイド
  • ポリフェノール
  • 微量ミネラル

などがそうです。

サジージュースには体で合成できる酵素以外の抗酸化成分がたっぷり入っています。

 

サジーに多く含まれるアミノ酸も実は抗酸化成分??

たんぱく質の大元であるアミノ酸は、私たちが生きていくためのエネルギー源として大切なだけでなく、筋肉、血液、各種のホルモンや酵素の原料となる大切な栄養素です。

体で合成される代表的な抗酸化成分

  • SOD(スーパーオキシドディムスターゼ)
  • カタラーゼ
  • グルタチオンペルオキシダーゼ

は、たんぱく質です。良質のアミノ酸を摂り、良質なたんぱく質を合成しないと細胞自体の活力は弱まります。当然抗酸化酵素も作られなくなります。

たんぱく質を合成する20種類のアミノ酸のうち、体の中では合成できず、食品として食べなければ欠乏するものがあり、「必須アミノ酸」と呼ばれます。

  • トリプトファン
  • フェニルアラニン
  • リジン
  • スレオニン
  • メチオニン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • バリン

などがありますが、サジーにはこのすべての必須アミノ酸が含まれています。

 

サジージュースを飲むことで抗酸化成分を増やし、活性酸素を抑えることによって様々な病気やトラブルが改善されていくのは理にかなってると言えます。