サジー果皮【どうして果物の栄養素は果皮に多く含まれるの?】

サジー果皮の秘密は?ポリフェノール満載のわけ

サジーが自生する内モンゴル自治区の砂漠地帯では、マイナス40度〜40度の気温差や、高地であるが故の強い紫外線、年間降雨量が200ミリほどの乾燥な度、植物にとっていい状態の土地ではありません。また塩害の被害のある場所もあります。

サジーだけでなく、植物にとって

  • 紫外線
  • 低栄養
  • 乾燥

これらすべてがストレスになるのです。

ストレスに対抗するために、植物はポリフェノールなどの「化学物質」を作り出すようになりました。植物が生きていくにあたって最初に作られたものが紫外線から身を守るポリフェノールだと言われています。

 

ポリフェノールの役割は大きく二つあります

  1. 紫外線を吸収して防御
  2. 紫外線により発生する活性酸素を消去する

なぜ果物の「果皮」にポリフェノールは一番多く含まれるのか?
それは紫外線が果実の奥や種まで届かないようにするためです。植物が赤や紫という色を作り出したのは紫外線を吸収して、その害を本体にまで及ぼさないためなのです。

もう一つの重要な事は「抗酸化」です。
紫外線に当たると細胞が酸化してしまいます。ポリフェノールは植物由来の「酸化に対抗する物質」です。

ビタミンCやビタミンE、カロテノイド等の抗酸化物質と同じようにポリフェノールも活性酸素の活動を抑えてくれます。

フィネスの豊潤サジーに使用しているビコアサジーは、サジーの中でも栄養価が高いことで有名なのですが、それは「より厳しい環境でいく抜くために必要な栄養素」を自分自身でたっぷり含んでいるからです。

 

サジー果皮に含まれてるポリフェノールを無駄なくジュースに

フィネスのサジージュース「黄酸汁 豊潤サジー」は、果実を押しつぶしただけの圧搾ジュースとは違います。

果実をきめ細かく裏ごしする事により、果皮もしっかりジュースになります。特に高額で取引させる「オイル」さえもたっぷりジュースに入ります。

裏ごしジュースにはポリフェノールたっぷりの果皮が含まれるので、サジー果実をそのまま食べるのと同じように補給できます。