サジーでむくみ、ひえ改善【季節に関係ない女性の悩みを解決】

サジーでむくみ、ひえ改善:こんなに猛暑なのに、足先が冷える…。

連日の猛暑。
観測至上始まって以来という言葉をよく聞きます。

立ってるだけで汗が吹き出てくる。湿度も高い。
体の中に熱がたまっている気がするのに、なぜが足先が凍えてる。触ってみても実際冷たい。
働く女性の悩み1位は冷え、2位がむくみなのだそう。

寒い冬ではない「夏の冷え性」に悩む人も多いです。 原因のひとつは、冷房です。
通勤中や勤務先の電車やオフィスなどどこへ行っても冷房、冷房。
冷房が効いた場所にい続けるとカラダは芯から冷えます。
女性は男性よりも体温が低く、体感1℃は違って「冷えを感じやすい」と言われています。
会社などではクーラー戦争と呼ばれる「設定温度の上下」が日常的に起きています。

夏の食事にも冷える原因がたくさん。

まずは美味しい冷たい食事に飲み物とアイスクリーム。
夜はむしむしを吹き飛ばすためにビール!

体の中に入ってくるものは「口当たりのひんやりした冷たいもの」ばかりになってしまいます。

 

サジーでむくみ、ひえ改善:夏の冷え症はどうしてなる?

ひんやりと冷房の効いた室内に長時間いるとカラダは冷えないようにと血管は収縮します。血液が流れることで末端にまで体の熱がいく分、体温が逃げていくのでそれを防ごうとします。
その結果血液の巡りが悪くなり、手足から冷えていきます。

また、外と内の温度差が大きいと、温度調節をする自律神経が乱れます。
すると血液の巡りが悪くなます。

暑いときに飲んでしまう「冷たい食べ物や飲み物」こそが冷えの大敵です。
冷たい物を体に入れると、一瞬で内臓が冷えてしまいます。
冷えた内臓は消化がうまくできず、ただでさえあっさり目の食事で栄養が足りないところに、吸収もできないダブルパンチになります。

体を温める作用のあるサジージュースで栄養補給をしながら冷え症対策をするのがベストです。

 

サジーでむくみ、ひえ改善:サジーに含まれる「冷えにいい」栄養素

サジーには

血行を促進するビタミンE(ほうれん草の約4.0倍)

冷えによい抗酸化力(人参の約11.1倍)

赤血球を増やす鉄分(プルーンの約37.5倍)

熱エネルギーの源アミノ酸(米酢の約5.9倍)

が含まれています。

冷え対策として「寒い地方で冬に旬のものがよい」というのを聞いたことがある方も多いと思います。寒い時期の植物は、自らが寒さに耐えるために栄養素をたっぷりと含有してるからです。

サジーはマイナス40度もの極寒の中、果実をつける「寒さに強すぎる果物」なのです。

 

サジーでむくみ、ひえ改善:むくみ改善にはアミノ酸とカリウム

熱中症予防のために塩分を摂りましょうと言われています。
でも通常は外食やお菓子で塩分を摂りすぎています。

汗をかくのに必要な栄養素は「塩分」ではなく、過剰な塩分を体外に排出する「カリウム」です。
女性がむくみやすいのは、筋肉量が少ないのも原因の一つ。
筋肉量が少ないと血液循環が悪くなってしまいます。

サジーにはカリウムやその他のミネラルも多く含まれています。