カテゴリー別アーカイブ: 貧血対策

サジーで貧血改善【頭がズーンと重いのは貧血が原因かも】〜梅雨鬱だけじゃないモヤモヤ〜


【サジーで貧血改善】そのモヤモヤは鉄分不足によるものかも?

全国的に梅雨シーズンに入って、ジメジメ。
天気が悪くて気持ちが上がらない。
朝起きた時からズーンと重たい頭痛。よく眠れてないからかなぁ。

誰もが調子を落とす頃だからまあ仕方がないか、と思っていませんか?

  • 体が重たい
  • 疲れが取れない
  • 頭痛がする
  • やる気が出ない
  • お化粧のノリが悪い
  • 髪の毛や爪の調子が悪い

その「全体的な不調」は鉄分不足による貧血症状かもしれません。

サジージュースで鉄分を補給して、憂鬱な季節をスッキリ乗り切りましょう。

 

【サジーで貧血改善】夏になる前にきちんと鉄分補給を始めよう

鉄分補給と言われて「レバー」を食べなきゃ!と思っても、そんなに食べる機会はないです。ほうれん草やひじきなどの「比較的鉄分が多く入ってる」と言われる食べ物でさえ、毎日続けることは難しいです。

これから夏がやってきて、あっさりとした食事をするようになるといよいよ鉄分不足は加速します。今のうちに始めておかないと、ふらふらと倒れてしまうことにも。

手軽に鉄分サプリで補給するという人も多いと思います。
でも、なるべく工業製品じゃない「食品」で鉄分補給したいと言う方も多いはず。

そんなこだわり派の女性に愛飲されているのがサジージュースです。

 

サジージュースにはプルーンの37.5倍の鉄分が含まれています。

 

鉄分は吸収率が良くない栄養素なので「多く摂りすぎること」はほぼありません。毎日の食事の中ででも少しは摂れているのですが、日本人のほぼ全員が摂取不足だと言われています。

そんな食生活にプラスするだけで鉄分不足が解消されるなら、とサジージュースを試してみる方が続々と増えています。

 

【サジーで貧血改善】鉄分はどのくらい補給しなければいけないの?

厚生労働省の定めた摂取基準量、つまり「このくらいは摂らないとダメ」という量は女性(閉経前)に1日12ミリグラムです。

どうやって導き出されたのかは疑問もあります。なぜなら各国によりその数値は開きがあるからです。食生活はそれぞれ違うし、鉄を吸収しやすい人種としにくい人種もあるようです。
日本人は「肉」からの栄養摂取は苦手な体だと言われています。

ちなみにアメリカでは18ミリグラム。

実際に鉄欠乏性貧血の患者が多い日本の栄養学者の間でも「厚生労働省の基準は少し少ないのでは?」と言われています。

そうかぁ。少ないのかぁ。

 

【サジーで貧血改善】鉄分の吸収率を良くするためには?

鉄分は吸収率が悪いと言われています。特に植物性の食品に含まれる「非ヘム鉄」は吸収率が悪いのですが、動物性のヘム鉄だけを食べれば解決するか?と言うとそういうわけでもないのです。

非ヘム鉄もヘム鉄もバランス良くとることが必要です。

そして、どちらの鉄をとった場合でも「吸収率を良くする栄養素と一緒に摂る」ことが重要です。

鉄分の吸収をよくする栄養素は

  • ビタミンC
  • 有機酸
  • クエン酸
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • カルシウム

などです。

サジージュースにはこれらを含む200種類以上の栄養素が含まれているので、

「鉄分」「鉄分の吸収をよくするもの」がセットで摂れます。

 

サジージュースで鉄分対策?それともサプリで?


サジージュースを飲まずに食事で鉄分補給するのは割と難しいかも

いろんな栄養素が含まれた、バランスの良い食事を続ける。
鉄分不足は「鉄分の補給が足りない」状態なので、いい内容の食事を続けることが貧血防止の一番の方法です。

でも、仕事や家事に忙しい毎日の中で、三食とも栄養バランスのとれた食事をするのはまず無理だと思います。

「朝食をちゃんととる」なんていうことすら、朝はギリギリまで寝てたりして時間がなくて食べられない。お昼はお弁当作れなかったからパスタランチ。
夜も早く帰ろうと思ったけど、仕事でイライラきたことがあって友達と飲みに行って、揚げ物とビール。

こうやって考えると、カロリーや脂質、糖質は充分でもそれ以外はあまり摂れてない状況ですよね。しかも夜遅くにDVD見ながらポテチ食べてしまったり。

ものすごく不健康な生活ではないところが問題。まあ、いっかで続けてしまうと確実に栄養バランスを壊してしまいます。
1日ひとくちのサジージュースで栄養バランスの悪さを解消しましょう。

 

市販の野菜や穀物も栄養が減少している??

上記のような食生活でなく「ちゃんと自炊してるよ!」と言う方もいると思います。
ところが近年「美味しい」「口当たりがいい」ことを重視するあまり、主食であるお米や麦から胚芽が取り除かれています。微量栄養素の宝庫とも言える胚芽が、です。

しかも化学肥料を使用して効率よく作物を育てているうちに土地がやせて、農作物に含まれる栄養素は昔に比べてずっと少なくなっています。

例えばサヤインゲンや春菊に含まれるビタミンCは20年前の半分程度まで減っていることがわかりました。

ハウス栽培のおかげで一年中野菜が手に入り、旬がわかりにくくなってきていますが、冬のほうれん草には100gあたり60mgのビタミンCが含まれていますが、夏のほうれん草にはわずか20mg。旬のものを食べる重要性を忘れたくないですね。

さらに天候の変動などで野菜は価格が安定せず、高騰したらお惣菜より高い!なんてことにも。その点サジージュースは「1日約100円」で取り続けることができるから絶対おすすめ!

 

サジージュースでなくサプリメントで鉄分補給はできるのか?

食生活に気をつけていても栄養が足りない。ならどうすれば?
欧米ではパンの原料である小麦粉に「鉄を添加」して、鉄不足にならないようにしています。
アメリカでは小麦粉100gに対して鉄を4mgほど添加していることが多いそうです。日本のパンの2〜3倍の鉄分含有量になるそうです。

ところが日本は米が主食。欧米のようにはいきません。
手軽な摂取方法として人気なのが「サプリメント」。

サプリメントを飲んだことがない方はいないんじゃないだろうか?と思えるくらい普通に普及しています。栄養素が配合されたサプリメント。日常生活で不足がちな栄養素が摂れるならお得だと言えます。

でもサプリメントは工業製品であることも間違いありません。

栄養素が「◯◯何個分配合!」というのを信じてしまいがちですが、あれは「固形にする前」の栄養素を測定していることがあります。

栄養素を熱加工して粉末にして、さらにそれを固める。
そうやってできたのがサプリメントです。

もちろん栄養素は含まれているし、添加物だって「安全だ」と政府が認めたものしか入っていません。そうしないと販売できるわけないですから。

でも、どうなんだろう?

 

サジージュースは果実を裏ごしして、甘味ハーブを0.1%プラスしただけ。
果物を食べるのとそう変わりはありません。

どちらが「気持ちよく」鉄分補給できるか?と言う感じですね!

 

サジージュースで春の憂鬱をスッキリさせる方法〜負の感情は脳の血流不足かも〜


サジージュースで春のイライラ、もやもやが軽減する??

4月も終わり、「五月病」と言われるシーズン。
冬から春、初夏へと変わっていく中どうしても体のだるさが取れない・・。

溜まった疲れは「貧血」症状の一つですが、実は「ゆううつな気分」も脳への酸素不足が原因の場合があります。

貧血の場合、体に取り込まれた酸素は脳や臓器に最優先に回されるから、毛先や爪などが先に悪化していくのですが、それがずっと続くと脳にも酸素や栄養が届かなくなります。

脳の活動が低下していくと、判断力や記憶力も低下していきます。
それよりも如実にあわられるのが

  • 幸せを感じられない
  • やる気が出ない
  • 悲しみにとらわれる

と言うもの。

 

これは脳内物質の

  • セレトニン
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン

が少なくなるからです。

サジージュースにはこれら三つの脳内物質を作るアミノ酸が全て含まれています。

 

サジージュースでセレトニンを作ろう!

セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。不足すると思考がネガティブになり、スッキリとしない気分に陥ります。代謝が下がり体調を壊すこともあります。

セロトニンは、腸に約90%、血液中に約5%、脳に約5%あるといわれていますが、「気分」を左右するのは脳に存在するセロトニンです。

セロトニンは、食事で摂らなければ不足する必須アミノ酸「トリプトファン」を摂ることで合成される物質です。トリプトファンはもちろんサジージュースに含まれています。

セロトニンを生成するのにはサジージュースに含まれているビタミンB6も必要です。

 

サジージュースでドーパミンを作ろう!

ドーパミンのはたらきは「気持ちの良さ」を感じることや「やる気」を出すことです。学習能力や記憶力とにも影響します。

脳の中にはおよそ1兆個の神経細胞がありますが、そのなかにはドーパミンにしか反応しない神経もあり、「ドーパミン作動性神経」と呼ばれています。

「なんだか最近、気持ちがスッキリ晴れない」と感じる時はストレスなどによりドーパミンの発生が少なくなっている可能性があります。

ドーパミンの原料はアミノ酸「フェニルアラニン」や「チロシン」で、どちらもサジージュースに含まれています。

ドーパミンは「好きなことに夢中になっている時」にも発生します。でも、そもそもドーパミン不足でやる気が出ないのであればなかなか難しいですよね。

楽しくおしゃべりする、買い物に出かける、スポーツをする・・・。わかってはいるけどそれすらやる気が出ない時は、まずはドーパミンの材料のアミノ酸をしっかり取ることが近道かもしれません。

 

サジージュースでノルアドレナリンを作ろう!

ノルアドレナリンは、自律神経系の「交感神経系」を興奮させるはたらきを持ちます。
脳と体を覚醒させる作用と、環境や対人、精神などから受ける『ストレス』に対応する作用などがあります。
強いストレスにさらされる続けるなどした場合、ノルアドレナリンが不足してしまい、仕事や学習の効率が落ちてしまったり注意力が散漫になります。仕事中にぼーっとしてしまうことが多くなったり、ケアレスミスが増えていたら要注意です。

意欲や判断力も低下して「うつ」に近い状態になります。身体的な症状としても低血圧、貧血、めまいや立ちくらみなどが現れます。

ノルアドレナリンの原料はアミノ酸「フェニルアラニン」や「チロシン」で、どちらもサジージュースに含まれています。アミノ酸を分解、吸収するにはビタミンB6や鉄分などが使われるので、同時に補給できるサジージュースは最適です。

サジージュースで脳内を元気にして、出かけよう

「春は気分が乗らない」と思っていたけど、実は栄養不足の可能性があるとしたら??
脳内の幸福伝達物質のための栄養素をサジージュースでしっかり摂って、お天気のいい日には外に出かけてみませんか?

栄養をしっかり摂って、体を動かすことで気分もゆっくり上昇してくるだろうし、そうなればもうWIN WINです。

サジージュースで鉄分やアミノ酸をたくさん摂ることで貧血を改善すれば、ふらつきや疲れなどに悩まされることもなく、お肌の調子も高まってお化粧も苦にならなくなり、毎日がスッキリと気持ちよく過ごせるようになります。

 

サジージュースで春の憂鬱、体調不良をスッキリさせよう>>>>詳しくはこちら>>>>>

サジーで貧血改善すると【若々しさ】までついてくる!~その老け顔は栄養不足の可能性~


サジージュースを飲むと白髪がなくなる?というウワサが最近ひろまっています。

白髪も含めて、私たちを脅かす「老い」の恐怖。
「日々若さが失われていく」!とあせっていても、何をどうケアしたらいいかなわからい。とりあえず化粧品とか、エステとか・・・。目にみえることから始めてしまうのも仕方がない事。

だけど、体の中を「栄養で満たす」こと以外に、若々しさを保つことは実際、難しいです。

白髪とサジージュースの関係でいえば、「サジージュースには貧血を改善する栄養素がたっぷりはいっている」ということがいえます。

なぜ貧血が改善すれば白髪がなくなるのか?についてはこちらのリンクから詳しく解説しています。

サジーで白髪対策【白髪は遺伝もあるけど栄養不足が原因】

 

貧血には鉄分補給を!というのはもはや常識で、鉄分が不足してる人が4人に1人いるというのも事実です。

心臓から送り出されて、1分くらいで体中を回りまた心臓に帰ってくる。
考えてみればそれをやり続けなければ、わたしたちは生きていけないほど「血液のはたらき」はとても重要です。

 

サジージュースが血液のはたらきを支える理由

血液のはたらきは大きく分けて5つあります。

  1. 水分を保つ
  2. 酸素や栄養を届ける
  3. 老廃物や二酸化炭素を回収する
  4. 体温を維持する
  5. 免疫力をあげる

■水分を保つはたらきについて

血液が水分を保つ?ちょっとイマイチぴんと来ないですね。体の水分量のバランスが崩れると「むくみ」の原因になるそうです。アルブミンというたんぱく質が水分バランスに関係があるそうで、

  • 水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧の維持
  • 体内のいろいろな物と結合し、これを目的地に運ぶ運搬作用

と言う重要なはたらきをします。たんぱく質は「アミノ酸」を材料として作られます。食事から取り入れるべきアミノ酸が足りないと、体内でいろいろなたんぱく質の合成ができません。

サジージュースには食事で取らなくては欠乏する「必須アミノ酸」全種類を含めアミノ酸が18種類入っています。

リンネルの美容ドリンク部門第一位!

 

■酸素や栄養を届ける

■老廃物や二酸化炭素を回収する

これはまさにサジージュースに含まれる「鉄分」と、鉄分の吸収を助ける「ビタミンCと有機酸」、さらにはヘモグロビンの相方「アミノ酸」の得意分野。

酸素を届けるためには赤血球内のヘモグロビンの数が重要です。

サジーと貧血【鉄分補給に最適な自然食品】

血液が栄養を運べない倍も深刻です。栄養不足で「太る」と言っても信じられますか?実はカロリーを燃やすためには栄養素が必要です。

きちんとバランスの良い栄養を取っていないと栄養失調なのに太ってしまうという結果になります。

 

■体温を維持する

サジーはマイナス40度もの極寒に耐えながら育ちます。日本の冬のように雪も降らないので(年間降雨量300mlくらい)カラカラに乾いていて、極寒。
そんな環境の中生き抜くので、「寒さに強い」植物になるのは当たり前とも言えます。

  1. 冬が旬の食べ物は体を温める
  2. 体が温まると血流が良くなる
  3. 血流が良くなると体温を維持できる

 

■体温が上がれば免疫力も上がる

免疫力というのは「体を外敵から守る力」です。風邪などをひいたときに発熱するのは「体を免疫力の働きやすい高温にするため」です。

免疫細胞の60%以上が集中していると言われる私たちの腸を良好な環境にすることも需要で、サジージュースにはビタミンCをはじめ数種類のビタミンや有機酸が多く含まれているので、体温面からだけでなく免疫細胞を応援します。

 

サジージュースが「老い」に対抗する本当に理由は?

血流をよくして、血液のはたらきを強力サポートすることで貧血からくる「老いダメージ」を回避するサジージュースですが、実はもっと根本的なところでもアンチエイジング活動をしているのです。

それが「抗酸化作用」です。

私たちを悩ませる肌のシワ、たるみ、ほうれい線、体力低下などの「老化」と言われる現象は、増えすぎた活性酸素が原因です。

活性酸素は体内で余った酸素がストレスなどの影響で悪性物質に変わってしまったもの。
体内の脂質を酸化させ、ドロドロの過酸化脂質に変えてしまいます。

あらゆる細胞を壊し、水分をなくし、皮膚をたるませ、潤いをなくし・・・。
体内でも様々な病気の原因を作り、老化と言われるあらゆる変化を進行させます。

サジージュースにはこの「酸化=老化」に対抗する「エイジングケア栄養素」がたくさん入っています。

 

体は4ヶ月で作り変わると言われています。
サジージュースを毎日飲むことによって「老化」を遅らせることができるなら。

 

>>>4ヶ月かけてしっかりと「老い」に抵抗したいあなたはここをクリック

サジーで白髪対策【白髪は遺伝もあるけど栄養不足が原因】


サジージュースで白髪対策:老化イメージをふっとばそう!

鏡の中で白髪を見つけた時のガッカリ感はもう、言葉では言い表せません。
白髪=老化のイメージだから。

サジージュースの200種類以上の栄養素の中から白髪対策に有効な栄養素とそのはたらきをまとめました。

 

黒髪が黒いのはメラニンがあるから。肌に生まれると厄介なメラニンはチロシンというアミノ酸からできます。チロシンがないと黒髪になりません。
体内で作ることができない必須アミノ酸の一種「フェニルアラニン」は、このチロシンを作るのでこちらも必要です。
サジージュースにはチロシンもフェニルアラニンも含まれています。

 

サジージュースで白髪対策:貧血を改善することが重要

ビタミンB12と葉酸は血液を作る「造血のビタミン」と呼ばれ、ヘモグロビンの合成に深く関わっています。

そうです。

サジージュースの一番の効果効能である「貧血対策」こそが白髪をなくす最重要課題なのです。

ヘモグロビンは血液に乗って身体中に酸素を運ぶ働きがあります。
酸素が不足すると頭皮や髪が栄養不足になるため、白髪や抜け毛を引き起こします。

貧血状態(ヘモグロビン値の低い状態)を改善するには、ヘモグロビンを増やすしか手はありません。

ヘモグロビンは「ヘムという鉄」と「グロビンというたんぱく質」でできています。貧血対策というと鉄分補給だけにスポットが当たりますが、そうではないのです。

鉄分と、たんぱく質(アミノ酸)を豊富に摂取することが大切です。

 

サジージュースで白髪対策:食事でしか補給できない必須アミノ酸

人間の身体は水分が70%、タンパク質がそれに次いで20%。臓器、筋肉、皮膚、血液、細胞、毛髪、爪、ホルモン、抗体など、身体のすべての部分がアミノ酸を組み合わせたタンパク質でできています。

人間のタンパク質は20種類のアミノ酸のどれが欠けてもなんらかの異常が発生してしまいます。タンパク質は生命の維持に必要な部分から優先的に使われます。なので毛髪や爪といった部分は一番後回しにされます。
白髪が増える、爪が弱くなるなどの問題がある時は、タンパク質(アミノ酸)が不足している状態です。

アミノ酸には食事でしか摂れない「必須アミノ酸」というものがありますが、普段の食生活ではなかなかすべてのアミノ酸を摂ることは難しいようです。その点サジージュースは20種類のアミノ酸全てを豊富に含んでいますから、栄養補給にピッタリだと言えますね。

 

サジージュースで白髪対策:ミネラル系も重要な栄養素

ビタミン、鉄分、アミノ酸以外にも白髪対策に重要な栄養素は亜鉛などのミネラルです。

亜鉛は新陳代謝や細胞分裂に必要な核酸の合成を促進させる働きがあり、毛母細胞の分裂や髪の成長に重要な役割を果たします。
亜鉛が不足する髪の毛の成分であるケラチンが作られなくなります。

 

>>>見た目の白髪対策も、体の中の若々しさも同時に手に入るサジージュースはこちらから購入できます。1000円お試し開催中!

 

サジージュースは春の疲れにもぴったり?


サジージュースには疲労回復成分がたくさん入っています

桜も満開で、春爛漫。イベントが目白押しの行動的なシーズンですね。
疲れを翌日に持ち越したくない。
週末に寝てるだけじゃいやだ。

でも、朝起きれない・・。

そんな溜まった疲れを解消するのもサジージュースの栄養素です。

疲れには大きく分けて「精神的な疲れ」と「肉体的な疲れ」の2種類あります。

特に厄介なのは精神的な疲れ。
何もやる気が起きない、体がだるいっていうのは肉体的にも精神的にも疲れてる場合もあるし、実は「貧血」で体が酸欠になっている状態の可能性も。

サジージュースに入ってる200種類以上の栄養素の中で、疲労回復にやつ立つ成分について、調べてみました。

 

サジージュースが精神的疲れに有効なのは?

精神的にも、肉体的にも疲れを癒すのは「睡眠」です。
寝れば直ることって、よくありますよね。

ただ「眠る」のも実は案外難しいのかも。

サジージュースには睡眠の質を上げる「グリシン」や「有機酸」がたっぷり含まれています。

うまく眠れないのは自律神経系がダメージを受けてることが原因のことも。サジージュースには自律神経を安定させるビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。

 

サジージュースが肉体的な疲れに有効なのは?

肉体的な疲れというのは疲労物質アンモニアが体内に溜まることが原因の一つです。サジージュースの栄養素の中でもアスパラギン酸は体内を巡る「疲労物質:アンモニア」を尿に代える役目があります。アスパラギン酸が十分に摂れていないとアンモニアが尿に変わらず体内に残ったままになってしまい、毒素となり血液にのって身体中に回ってしまいます。

アスパラギン酸はスタミナ強化にも関係しています。アスパラギン酸をとることでスタミナが増すといわれており、スポーツドリンクなどにも使用されている栄養素です。

アスパラギン酸の他にもサジージュースにはからだのコンディションを整える「アミノ酸」が多く含まれています。

特にスポーツ選手の間で話題なのはBCAA(分岐鎖アミノ酸 [バリン、ロイシン、イソロイシン])などのアミノ酸。

からだのコンディションを整え、活力アップする上で何より重要です。
また、サジーには一般米酢の65.5倍ものアスパラギン酸が含まれています。

 

サジージュースを春に飲むべきその他の理由

サジージュースは健康食品だけど、一番のポイントは「抗酸化」です。体の老化スピードを抑える抗酸化成分は「日焼けによるシミやシワ」の予防や修復にもとても重要な栄養素です。

抗酸化成分の中でもビタミンCにはしみやくすみの最大の原因であるメラニンの生成を抑える働きがあります。

メラニンは紫外線によってできます。有害なものでなく「肌を守るため」にできるものですが、黒ずみの原因にもなります。

紫外線は暑い夏の時期よりも、実は春先から初夏あたりが一番多いのです。日焼け止めもあまりしないし。夏になる前の今こそ「紫外線対策」としてのサジージュースを。

ビタミンCには新しくできるメラニンを抑える働きと共に、すでに生成されたメラニンを少なくしていくはたらきもあり、白い肌への修復も期待できます。

サジージュースにはビタミンCがレモンの約9倍入っています。

 

サジージュースを飲んで

  1. よく眠れて精神的疲労も解消
  2. 疲労成分を排出して肉体的にもすっきり
  3. 春の紫外線も対策できるからお出かけも平気

三拍子そろった毎日を過ごしましょう!

サジージュースで今年こそ貧血改善しよう【渡辺美奈代さんも飲んでるらしい】


渡辺美奈代さんがブログでサジーを飲んでる!と書いていました。

友達にサジーの話をしてたら「あ、何かブログで読んだことがある」って言って、調べてくれたみたいで、URLが送られてきました。

渡辺美奈代さんのブログでした。渡辺美奈代さんは、元おニャン子ですよね?今でも綺麗〜!こないだヒルナンデスの三色コーデに出てたのを見たけど、若い!

 

そのブログには「匂いが鉄分いっぱい!って感じ」だと書いてました。
そうそう、匂いもそうだけど、飲んだ時にちょっとだけ「鉄ぽい」感じがします、サジージュース。なぜ果物ジュースなのに「鉄分」が含まれてるのでしょうか?

まあ、ほうれん草とかにも鉄分はたっぷり含まれてるけれど。
鉄はもともとは土の中に含まれるミネラルで、それを植物が吸い上げて取り込み、その植物を食べた動物に入り、その動物を食べた動物にも入り・・・。

その動物を食べた人間にも入ってるってことかなぁ??

 

うーん。

難しいようような簡単なような。

 

貧血対策はやっぱり毎日の鉄分補給から

貧血って、いつもいつも感じてるわけではなくて、「ちょっと頑張った時」とかに症状がやってきます。

普段は「何となく疲れが取れないなぁ」くらいに思っていて、もしくは生理中だからしょうがないんかな〜なんて自分で納得してしまっていたり。

それが

  • 食生活の不規則が続いたり
  • ちょっと風邪ひいたり
  • ちょっと朝、ダッシュしたり

ていう「ちょっと」の無理でガクッとダメージが。

 

それは貧血・鉄分不足によって毎日「慢性の酸素不足」になってるからです。

 

お腹が痛い!とか頭がいたい!とかのはっきりした症状があれば休んだり、薬を飲んだりしますが「取れない疲労感」が貧血から来てることに気づかず、栄養ドリンクとかで無理やり頑張ってると、「入院しないといけないレベル」の貧血になってしまうかもしれません。

 

毎日の鉄分補給が重要なんです。

 

 

サジーには鉄分がレバー並みに入ってるから貧血対策に最適

鉄分補給しなきゃとは思っても、なかなか。
日々の食生活で足りてないから貧血なわけで。

渡辺美奈代さんもブログで

 

「普段の食事で補給するのも結構大変だから。こういうドリンクで手軽に補給出来るのは良いですね」

 

と書いてたように、「手軽に補給」っていうのは結構ポイント。

ケアに手間がかかると、すぐ続かなくなってしまうから。

 

その点サジージュースは「1日30ml」飲むだけ。
大さじ二杯分をキュッと飲むだけ。

本来は吸収しにくい鉄分の吸収を助ける栄養素がまとめてごっそり入ってるから、「鉄分の含有量」以上のいいことがある!

 

サジーは自然原料を裏ごししただけ。果実感そのまま。

そう!鉄の含有量だけを気にしていろいろ比較しても「どれだけ吸収できるか」ってのは大事な事。

それと、「100%自然原料」も大事だけど、製法も大事。
サプリメントなどの粒状のものは栄養素を化学的に抽出して、固めるための「何か」を使ってるけど、サジージュースは「果実を裏ごし」しただけだから。工業的な工程はない。
それって素敵な事じゃないですか?

 

マイナス20度にもなる真冬に、人里離れた山の中のサジーを摘んで食べるのとそう変わらない(笑)

それが家にいて、冷蔵庫を開けるだけで飲めるなんて。

 

今日もサジーで貧血対策を続けます。

サジージュースを飲んで体を「内側から温める」ってどういうこと?


サジージュースでぽかぽかな体

体は内側から温めないとダメっていうけれど

だいぶ暖かかくなってきたけど、朝晩はまだ少し寒い・・・。

健康情報でも美容でも「体を内側から温める」というキーワードが出てきます。サジージュースを飲んだ方の体験談でも「飲んだらぽかぽかした」というのがあります。

暖かいもの、例えばお茶やコーヒーを飲んだらお腹のあたりが暖かくなるのは割と納得できるけれど、それとはすこし違うのです。サジージュースは冷たいジュースなんですが(もちろん、温めて飲むのもオーケー)それでもポカポカするというのはなぜでしょうか?

あったかサジーであたたまろう!

 

サジージュースを飲むと手足などの末端が温まる理由は?

私たちは大体36度くらいの基礎体温があります。
体温はなぜおきるのか?なぜ寒いところでもキープできるのか?

体の熱はどこで作られるのでしょうか?

熱エネルギーは代謝によってつくられる

代謝とは、食べたものから栄養素を摂り込み、エネルギーに変換すること。
つまり「食べること」から始まるのです。

食べるという行為は、カロリーを消費する「運動」ともいえます。
お昼ご飯を食べた後、体が暖かくなっていく体験は誰もがあるはずで、それは熱エネルギーが生み出されることでおきます。

ところが、体を温めるという観点で行くと重要なのは「生み出すだけでは、末端は暖かくならない」ということです。
エネルギー代謝で生まれた熱エネルギーを全身に運んでくれるのは血液。
血液は体重の約8%を占め、全身を一巡するのに約1分かかります。

 

血液の役割はおおきく4つあります。

  1. 酸素の運搬
  2. 栄養素の運搬
  3. ウィルスや細菌に対する防衛
  4. 体温の維持・調整

 

この4つともサジージュースを飲むことに、密接な関係があります。

 

サジージュースの豊富な鉄分やビタミンCが貧血を改善し、酸素を体中に送ってくれる。

酸素を運ぶにはヘモグロビンという物質が必要です。ヘモグロビン値が少ないと「貧血」です。サジージュースにはヘモグロビンの材料である「鉄とアミノ酸」がたっぷり含まれているので「酸素をきちんと運べる血液」を作り出すことができます。

 

サジージュースの抗酸化力が血液をサラサラにして巡りをよくする

血流が滞る。つまり血液が一周回って帰ってくるまでの時間がかかると、熱を運ぶことにも時間がかかります。

肉食過多の食生活、喫煙やストレス、環境ホルモン等で大量に発生する活性酸素による酸化などの影響により、血液の粘度が増してドロドロになると、血流が滞ります。

その一番の原因は活性酸素。
これを除去するのが、体内の抗酸化酵素や抗酸化物質です。

 

サジージュースには
トマトの約20倍もの抗酸化成分が含まれています。

 

抗酸化成分を意識的に取り入れて、からだの中からスッキリを促し、健康的な毎日を送りましょう。

ORAC法とはその還元力の強さを測定するテストで、アメリカ農務省と国立老化研究所で開発された測定法です。アメリカではORAC値を表記した食品が販売されています。

オレンジ?黄色?見た事のない色と透明感のなさ。酸っぱいけど、慣れるとおいしい。

サジーにはなぜ鉄・亜鉛・カリウムなどのミネラルが多く含まれているの?


サジーは果物なのにミネラルが豊富

サジーは果物です。
ビタミンやカロテノイド、抗酸化成分を多く含むのは理解ができるのですが、どうして鉄分や亜鉛、カリウムなどのミネラルも多く含まれているのでしょうか?

サジーは砂漠や高地など他の植物が育ちにくい、つまり「良い土壌」でないところで育ちます。しかもその土壌を、独特の方法で肥えた土地にするのです。

 

サジーは空気中の窒素を取り入れ肥料に変え、土地を肥沃にする

サジーには、根にすむフランキアという放線菌が、空気中の窒素をあつめ肥料に変えるという特性を持っています。
そこがどんな土地でもサジーが生息することにより土地が活性化し、他の植物も育ち始めます。何万年ものあいだ、サジーはずっと土地の改良をしてきたのです。

なのでサジーの果実にはいつも豊かなミネラル分が含まれるのです。

 

サジーに含まれるミネラルその1「鉄分」

サジーは貧血の改善目的で飲まれることが多いのですがそれは何と言っても「鉄分の含有量」。レバーよりも多い鉄分が自然の果物の中に含まれるのは驚きです。

鉄は血中のヘモグロビンの構成要素となり、全身に酸素を届ける重要な働きをします。酸素が体に行き渡らないとあちこちで「酸素欠乏」が起きます。
これがいわゆる「貧血状態」です。

 

日本では4人に1人が鉄欠乏だと言われています。貧血症状まで行かなくても冷え性は肌のくすみなどのトラブルと無縁な人はあまりいないかもしれません。

月経中の女性は鉄分不足に陥ることがおおく、血液中の鉄分がすくなくなります。
鉄分は絶対必要な脳や心臓に優先的に使われるので、末端には新鮮な酸素を持った血液が届かなくなります。肌がくすんだ色に見えるのも鉄欠乏が原因のことがあります。

 

サジーに含まれるミネラルその2【亜鉛】

亜鉛はなんとなく「栄養素」というよりは毒っぽいイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし亜鉛は細胞分裂や酵素の活性化を後押しし、生命活動の根幹をささえている重要な栄養素です。

味覚や性機能を正常に保つ他、髪や肌の健康を維持する働きもあります。

亜鉛が不足してくると味覚障害がおきます。
食べ物本来の味やニオイがわからなくなり、濃い味付けのものばかりを食べるようになります。味覚は食欲と直結しているので「何を食べても美味しく感じられない=食欲がなくなる」ことになり、栄養不足はさらに加速します。

高齢になればなるほど味覚障害の発生率は高く、治りにくいと言われています。

 

高齢者に亜鉛不足が多いのは「野菜中心の食生活」だから??

肉や魚などの動物性タンパク質ではなく、納豆や豆腐などの大豆製品から多くのタンパク質を摂取している人は亜鉛欠乏を起こす可能性が高いです。

理由は亜鉛の吸収に悪影響を及ぼすフィチン酸という物質が豆類には含まれているからです。フィチン酸と亜鉛を同時に取るとふたつは固く結合してしまい、腸から吸収されることなく便として排泄されてしまいます。

その点サジージュースにふくまれる亜鉛は植物性なのにきちんと吸収されます。

亜鉛不足かな?味覚がおかしいかな?と思った時には亜鉛を多く含む牡蠣や豚肉、レバー卵などを多くとりましょう。

サジージュースを1日一口飲むことでも亜鉛不足は軽減されます。

 

サジージュースを飲むようになったきかけ【健康診断で貧血と判断された】


サジージュースで健康診断を笑顔で迎えるために

健康診断の目的ってなに?

健康診断を受ける目的は、

  1. 現在の健康状況の確認
  2. 病気の早期発見

のふたつです。

なかでも早期発見、早期治療は症状の回復に直結する大切なことです。

 

とくにサジージュースの飲み始めた理由で多い「貧血」などは、症状の体感がない場合もあり、血液検査でヘモグロビン値が低く出て初めて貧血だと分かった人も多いようです。
本人にわからないように病気は進行していくので、自覚症状があったときにはもう悪化してるなんてことがあります。

貧血でなくても糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病は早期治療が有効です。
健康診断の結果を元に生活習慣を改善して、病気の発症・進行を防ぐこともできます。
サジージュースの200種類以上の栄養素がきっと食生活習慣の改善に役立ちます。

 

健康診断には職場や学校、地方自治体で行われる法令によって実施が義務付けられているもの、企業で行う定期検診や妊婦健診、幼児健診などの「法定健診」と、個人の意思で受ける「任意健診」があります。

健康診断では

  • 身体測定
  • 視力健診
  • 聴力検査
  • 胸部検査
  • 腹部検査
  • 血液検査
  • 検尿
  • 検便
  • 診察
  • 問診

などをいいます。

 

健康診断と人間ドックはちがうの?

人間ドッグは健康診断のなかでも任意のものです。数十種類の検査項目の中から検査できます。

検査内容に応じて、半日、1日など拘束時間が異なります。また、自分の意思で受けるので検査費用が高くなります。

国民健康保険や企業の健康保険組合によっては補助金が出ることもあるので、加入している健康保険の条件を確認してみましょう。

 

検査結果は健診機関によって、検査の方法や基準値が違う場合があります。検査結果の数値だけを他の人と比べて一喜一憂せず、過去の自分と比べてみて「どうなったか」を見る必要があります。

前年、前々年と比べ検査結果が基準値内であってもその間の増減には注意しましょう。

健康診断を受ける際の注意点は??

健康診断のまえに急に運動したり、食べ物を健康的なものに変えたりしてなんとか数値をいいものにしよう!とする人、いますよね?それ、絶対ダメです。

健康診断は、日頃の健康状態を知るために行うものです。健診前に急に生活習慣を変えてもいいことはありません。

血液や尿は前日の食事内容や飲酒状況、運動などによって検査結果に影響が出るので、前日は飲酒や激しい運動は控えた方が無難です。

 

サジージュースにはアミノ酸、ビタミンなど豊富な栄養素がバランスよく含まれています。
しっかりと続けて、次回の健康診断を笑顔で迎えましょう!