カテゴリー別アーカイブ: 栄養素の話

サジーで貧血改善【頭がズーンと重いのは貧血が原因かも】〜梅雨鬱だけじゃないモヤモヤ〜


【サジーで貧血改善】そのモヤモヤは鉄分不足によるものかも?

全国的に梅雨シーズンに入って、ジメジメ。
天気が悪くて気持ちが上がらない。
朝起きた時からズーンと重たい頭痛。よく眠れてないからかなぁ。

誰もが調子を落とす頃だからまあ仕方がないか、と思っていませんか?

  • 体が重たい
  • 疲れが取れない
  • 頭痛がする
  • やる気が出ない
  • お化粧のノリが悪い
  • 髪の毛や爪の調子が悪い

その「全体的な不調」は鉄分不足による貧血症状かもしれません。

サジージュースで鉄分を補給して、憂鬱な季節をスッキリ乗り切りましょう。

 

【サジーで貧血改善】夏になる前にきちんと鉄分補給を始めよう

鉄分補給と言われて「レバー」を食べなきゃ!と思っても、そんなに食べる機会はないです。ほうれん草やひじきなどの「比較的鉄分が多く入ってる」と言われる食べ物でさえ、毎日続けることは難しいです。

これから夏がやってきて、あっさりとした食事をするようになるといよいよ鉄分不足は加速します。今のうちに始めておかないと、ふらふらと倒れてしまうことにも。

手軽に鉄分サプリで補給するという人も多いと思います。
でも、なるべく工業製品じゃない「食品」で鉄分補給したいと言う方も多いはず。

そんなこだわり派の女性に愛飲されているのがサジージュースです。

 

サジージュースにはプルーンの37.5倍の鉄分が含まれています。

 

鉄分は吸収率が良くない栄養素なので「多く摂りすぎること」はほぼありません。毎日の食事の中ででも少しは摂れているのですが、日本人のほぼ全員が摂取不足だと言われています。

そんな食生活にプラスするだけで鉄分不足が解消されるなら、とサジージュースを試してみる方が続々と増えています。

 

【サジーで貧血改善】鉄分はどのくらい補給しなければいけないの?

厚生労働省の定めた摂取基準量、つまり「このくらいは摂らないとダメ」という量は女性(閉経前)に1日12ミリグラムです。

どうやって導き出されたのかは疑問もあります。なぜなら各国によりその数値は開きがあるからです。食生活はそれぞれ違うし、鉄を吸収しやすい人種としにくい人種もあるようです。
日本人は「肉」からの栄養摂取は苦手な体だと言われています。

ちなみにアメリカでは18ミリグラム。

実際に鉄欠乏性貧血の患者が多い日本の栄養学者の間でも「厚生労働省の基準は少し少ないのでは?」と言われています。

そうかぁ。少ないのかぁ。

 

【サジーで貧血改善】鉄分の吸収率を良くするためには?

鉄分は吸収率が悪いと言われています。特に植物性の食品に含まれる「非ヘム鉄」は吸収率が悪いのですが、動物性のヘム鉄だけを食べれば解決するか?と言うとそういうわけでもないのです。

非ヘム鉄もヘム鉄もバランス良くとることが必要です。

そして、どちらの鉄をとった場合でも「吸収率を良くする栄養素と一緒に摂る」ことが重要です。

鉄分の吸収をよくする栄養素は

  • ビタミンC
  • 有機酸
  • クエン酸
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • カルシウム

などです。

サジージュースにはこれらを含む200種類以上の栄養素が含まれているので、

「鉄分」「鉄分の吸収をよくするもの」がセットで摂れます。

 

サジージュースで鉄分対策?それともサプリで?


サジージュースを飲まずに食事で鉄分補給するのは割と難しいかも

いろんな栄養素が含まれた、バランスの良い食事を続ける。
鉄分不足は「鉄分の補給が足りない」状態なので、いい内容の食事を続けることが貧血防止の一番の方法です。

でも、仕事や家事に忙しい毎日の中で、三食とも栄養バランスのとれた食事をするのはまず無理だと思います。

「朝食をちゃんととる」なんていうことすら、朝はギリギリまで寝てたりして時間がなくて食べられない。お昼はお弁当作れなかったからパスタランチ。
夜も早く帰ろうと思ったけど、仕事でイライラきたことがあって友達と飲みに行って、揚げ物とビール。

こうやって考えると、カロリーや脂質、糖質は充分でもそれ以外はあまり摂れてない状況ですよね。しかも夜遅くにDVD見ながらポテチ食べてしまったり。

ものすごく不健康な生活ではないところが問題。まあ、いっかで続けてしまうと確実に栄養バランスを壊してしまいます。
1日ひとくちのサジージュースで栄養バランスの悪さを解消しましょう。

 

市販の野菜や穀物も栄養が減少している??

上記のような食生活でなく「ちゃんと自炊してるよ!」と言う方もいると思います。
ところが近年「美味しい」「口当たりがいい」ことを重視するあまり、主食であるお米や麦から胚芽が取り除かれています。微量栄養素の宝庫とも言える胚芽が、です。

しかも化学肥料を使用して効率よく作物を育てているうちに土地がやせて、農作物に含まれる栄養素は昔に比べてずっと少なくなっています。

例えばサヤインゲンや春菊に含まれるビタミンCは20年前の半分程度まで減っていることがわかりました。

ハウス栽培のおかげで一年中野菜が手に入り、旬がわかりにくくなってきていますが、冬のほうれん草には100gあたり60mgのビタミンCが含まれていますが、夏のほうれん草にはわずか20mg。旬のものを食べる重要性を忘れたくないですね。

さらに天候の変動などで野菜は価格が安定せず、高騰したらお惣菜より高い!なんてことにも。その点サジージュースは「1日約100円」で取り続けることができるから絶対おすすめ!

 

サジージュースでなくサプリメントで鉄分補給はできるのか?

食生活に気をつけていても栄養が足りない。ならどうすれば?
欧米ではパンの原料である小麦粉に「鉄を添加」して、鉄不足にならないようにしています。
アメリカでは小麦粉100gに対して鉄を4mgほど添加していることが多いそうです。日本のパンの2〜3倍の鉄分含有量になるそうです。

ところが日本は米が主食。欧米のようにはいきません。
手軽な摂取方法として人気なのが「サプリメント」。

サプリメントを飲んだことがない方はいないんじゃないだろうか?と思えるくらい普通に普及しています。栄養素が配合されたサプリメント。日常生活で不足がちな栄養素が摂れるならお得だと言えます。

でもサプリメントは工業製品であることも間違いありません。

栄養素が「◯◯何個分配合!」というのを信じてしまいがちですが、あれは「固形にする前」の栄養素を測定していることがあります。

栄養素を熱加工して粉末にして、さらにそれを固める。
そうやってできたのがサプリメントです。

もちろん栄養素は含まれているし、添加物だって「安全だ」と政府が認めたものしか入っていません。そうしないと販売できるわけないですから。

でも、どうなんだろう?

 

サジージュースは果実を裏ごしして、甘味ハーブを0.1%プラスしただけ。
果物を食べるのとそう変わりはありません。

どちらが「気持ちよく」鉄分補給できるか?と言う感じですね!

 

サジージュースで「トイレの心配」にさようなら【膀胱炎を再発させないために】


サジージュースは膀胱炎対策にも?

気候が良くなるとちょっとしたお出かけをしたくなりますよね。
でもちょっと心配なのが「トイレがあるかどうか」

トイレに行きにくい環境、トイレが見つからない場所へ出かけて、ついつい我慢してしまって。気がついたら朝トイレに行ったっきりだわ?なんてことが。

これ、一番危ないんです。急性膀胱炎になってしまう可能性大。

やだー!膀胱炎なりたくなーい

 

なぜトイレに行かないと膀胱炎になるのか?

  • 生理の時でなくても、下着は蒸れやすい。蒸れた尿道あたりには菌が繁殖しやすい
  • おしっこを我慢すると膀胱内で雑菌が繁殖しやすくなる

この二つの理由が大きいです。

トイレって案外、ないのよね〜

 

膀胱炎になったことはない!と言う女性もいるかもしれないので簡単に解説すると

一般的な膀胱炎(急性膀胱炎)は、尿道から侵入した大腸菌などの雑菌が、膀胱内に炎症を起こすものです。

対処法としては

  1. 雑菌が繁殖しないようにする
  2. 雑菌が入らないようにする
  3. 雑菌が入ってもすぐに出す
  4. 雑菌が入っても退治できる体にする

の4つがあります。

そしてサジージュースが関係してくるところは「4」の「雑菌が入っても退治できる体にする=免疫力を上げる」です。

免疫力上げていかなきゃ!

 

免疫力を上げるのにサジージュースはどう関係してくる?

免疫力というのは「体の防衛力」。体内で発生した新生細胞(がん)や外から侵入した細菌やウイルスなどの侵入を察知し、撃退する力。

免疫力とは言っても、体のどこかの力だけの話ではなく、

  • 侵入したウイルスの情報を調べるもの
  • 殺菌するもの

などいくつもの免疫細胞がそれぞれ特性を生かしながら働いています。

 

膀胱炎になる前にサジュージュースでなんとかしたいね

 

免疫システムは15歳までに出来上がり、20歳を超えると落ちていきます。免疫力を上げていく努力をしないと「年中病気になる」ような体質になってしまいます。

免疫力が下がると以下のようなトラブルがおきます。

  • ウィルスによる感染症(膀胱炎も含む)などにかかりやすくなる
  • 花粉症・アトピーなどのアレルギー症状が発生
  • お腹を壊し下痢をしやすくなる
  • 疲労が蓄積される

 

最近バテバテなのも、もしかしたら・・・

 

免疫力を高めるのにまず大切なのはサジージュースで腸内環境を整えること

免疫細胞の約6割は腸にいると言われます。 腸内の免疫細胞が活性化しているかどうかが、その人の「免疫力」の強さを測るバロメータです。

免疫細胞を活性化させるには「腸内の善玉菌を増やす」ことが大切。

これはサジージュースが朝の情報番組「めざましテレビ」で紹介された時の画像です。

サジージュースには腸内環境を良くする栄養素が非常に多く含まれているので腸内環境を良くするのにはうってつけだとドクターは言っていました。

腸は人が食べたものを吸収するところ。
つまりウイルスと鉢合わせることも多いのでしょう。防衛の要だということです。

体内にウイルスが入る、と言いますが、実は口から肛門までは一つのつながった管で、その中で

  • 栄養を吸収したり
  • 外敵を殺したり

しているわけです。24時間休むことなく動き続ける腸内の環境を良くすることが栄養の吸収にも必要なことです。

 

 

サジージュースを飲んで体温を上げることも免疫アップに重要

これは日本抗加齢医学会と言う学会で発表された「サジージュースを飲んで体温が上昇した」と言う発表の図です。

なぜ体温が上がると免疫力が上がるのか?
免疫細胞は血液の中にあり、体を回っています。
体温が下がり血行が悪くなると「事件現場まで応援にいけない」ことになります。ウイルスの多くは「低い温度で活発に動く」ものが多いので体温が下がれば

  • 免疫力ダウン
  • ウイルス活動力アップ

と言うWパンチです。

免疫力が正常に保たれるのに必要な体温は36.5℃以上といわれています。ところが現在、女性の多くは36度以下の体温。原因は運動不足や、冷たい飲み物の取りすぎなど原因は様々です。

免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするともいわています。

サジージュースを飲むことで体温が上がり、免疫力が上がる。
これだけでも膀胱炎予防に最適と言えるのですが、サジージュースにはもう一つ、すごい膀胱炎撃退のパワーがあるのです。

 

 

サジージュースには膀胱内を消毒するキナ酸という栄養素が豊富に含まれています

膀胱炎にはクランベリーが良いと言われていました。
それはキナ酸という成分が膀胱炎改善に役立つ栄養素だからです。

キナ酸は身体の中で「馬尿酸」と言うものに変化し、膀胱内の尿を弱酸性に保ちます。
膀胱炎の原因である大腸菌は弱酸性の中では繁殖が抑えられます。
尿で排出すれば、徐々に炎症は消えてゆくでしょう。

サジージュースに含まれているキナ酸の量は、クランベリーの約2倍。

その他の栄養素も200種類以上含まれています。

サジージュースは薬じゃないから、どんな飲み方もOK!

 

>>>サジージュースで膀胱炎を治したい、もう膀胱炎にならない体になりたい方はこちらへ

 

サジージュースで日焼けによる肌ダメージをブロック!


サジージュースには天然美白成分「ビタミンC」がたっぷり

気持ちのいい季節の到来とともに、心配になるのが「日焼け」。
日焼けは、太陽の紫外線によってメラノサイトが刺激されて「活性酵素」ができることが原因です。なくてはならない太陽の光ですが、肌に直射されるとかなりのダメージに。

活性酵素とチロシンという物質が合体すると、憎むべき黒ずみの「メラニン色素」に変化します。

黒は太陽の光を集める作用があります。
実はメラニンは「紫外線の攻撃から細胞を守るために」発生するってご存知でしたか?メラニンが黒くなるのは、そこで紫外線を吸着させて、肌の深いところまで届かせないようにするためなのです。

役に立っているとはいえ、日焼けが次の年まで持ち越さないのは、お肌のターンオーバーが正常にはたらくティーンエイジの頃まで。日焼けは防がなければなりません。

 

そこで登場するのがサジージュース。
もちろん日焼け止めなどのUV対策は絶対ですけど、浴びてしまった紫外線のダメージをなかったことにしたいなら「サジージュース」を飲みましょう。

サジージュースにレモンの10倍含まれているビタミンCは活性酵素の活動を邪魔する性質があり、メラニン色素の発生を抑制します。

でも、できてしまったシミや黒ずみはどうしたら?
実はビタミンCはに、肌に蓄積されているメラニン色素を無色化する効果もあるのです。
日焼け予防にも、日焼けしてしまった後にも高価を発揮するのがサジージュースにレモンの10倍含まれているビタミンCなのです。

リンネルの美容ドリンク部門第一位!

 

サジージュースには絶大なアンチエイジング効果の「抗酸化成分」がたっぷり

サジージュースにはビタミンC以外にもビタミンA、ビタミンEなど多くの抗酸化成分が含まれています。ビタミンの他には

  • カロテノイド(βカロテン、ルテイン、アスタキサンチン、リコピン)
  • ポリフェノール(アントシアニン・ケルセチン・ルチン・カテキン・イソフラボンなどのフラボノイド等)

なども抗酸化成分です。サジージュースには多くの抗酸化成分が入っていて、その力は、健康にいいと言われる「トマトの20倍以上」です。

抗酸化作用は、活性酸素のはたらきを抑え、シミやソバカス、シワやたるみがができにくいお肌を作ります。

肌も含めて主な老化の原因は「活性酸素」だと考えられています。

 

サジージュースで活性酸素の発生を抑え、元気に若々しく!

活性酸素は酸素から発生します。
つまり呼吸をしている限り「ゼロ」にするのは難しいということです。体内に取り入れてた酸素の約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素は、ほかの物質を酸化させる力(酸化力)が非常に強いのですが、その理由はもともと活性酸素は細菌やウイルスを撃退する「殺菌」する役目があるからです。

ところがストレスや生活習慣の乱れにより活性酸素が増え、さらに抗酸化成分の入った自然な食品を食べる機会も少なくなったことから「活性酸素の攻撃」により私たちの体はダメージを受けています。

サジージュースにはそのダメージを修復し、ダメージをなくす栄養素が200種類以上も含まれています。毎日のひとくちが体内の活性酸素のはたらきを弱らせて、老化ダメージを少なくしてくれます。

いつまでも若々しく。
サジージュース生活を続けましょう。

サジージュースで春の憂鬱をスッキリさせる方法〜負の感情は脳の血流不足かも〜


サジージュースで春のイライラ、もやもやが軽減する??

4月も終わり、「五月病」と言われるシーズン。
冬から春、初夏へと変わっていく中どうしても体のだるさが取れない・・。

溜まった疲れは「貧血」症状の一つですが、実は「ゆううつな気分」も脳への酸素不足が原因の場合があります。

貧血の場合、体に取り込まれた酸素は脳や臓器に最優先に回されるから、毛先や爪などが先に悪化していくのですが、それがずっと続くと脳にも酸素や栄養が届かなくなります。

脳の活動が低下していくと、判断力や記憶力も低下していきます。
それよりも如実にあわられるのが

  • 幸せを感じられない
  • やる気が出ない
  • 悲しみにとらわれる

と言うもの。

 

これは脳内物質の

  • セレトニン
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン

が少なくなるからです。

サジージュースにはこれら三つの脳内物質を作るアミノ酸が全て含まれています。

 

サジージュースでセレトニンを作ろう!

セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。不足すると思考がネガティブになり、スッキリとしない気分に陥ります。代謝が下がり体調を壊すこともあります。

セロトニンは、腸に約90%、血液中に約5%、脳に約5%あるといわれていますが、「気分」を左右するのは脳に存在するセロトニンです。

セロトニンは、食事で摂らなければ不足する必須アミノ酸「トリプトファン」を摂ることで合成される物質です。トリプトファンはもちろんサジージュースに含まれています。

セロトニンを生成するのにはサジージュースに含まれているビタミンB6も必要です。

 

サジージュースでドーパミンを作ろう!

ドーパミンのはたらきは「気持ちの良さ」を感じることや「やる気」を出すことです。学習能力や記憶力とにも影響します。

脳の中にはおよそ1兆個の神経細胞がありますが、そのなかにはドーパミンにしか反応しない神経もあり、「ドーパミン作動性神経」と呼ばれています。

「なんだか最近、気持ちがスッキリ晴れない」と感じる時はストレスなどによりドーパミンの発生が少なくなっている可能性があります。

ドーパミンの原料はアミノ酸「フェニルアラニン」や「チロシン」で、どちらもサジージュースに含まれています。

ドーパミンは「好きなことに夢中になっている時」にも発生します。でも、そもそもドーパミン不足でやる気が出ないのであればなかなか難しいですよね。

楽しくおしゃべりする、買い物に出かける、スポーツをする・・・。わかってはいるけどそれすらやる気が出ない時は、まずはドーパミンの材料のアミノ酸をしっかり取ることが近道かもしれません。

 

サジージュースでノルアドレナリンを作ろう!

ノルアドレナリンは、自律神経系の「交感神経系」を興奮させるはたらきを持ちます。
脳と体を覚醒させる作用と、環境や対人、精神などから受ける『ストレス』に対応する作用などがあります。
強いストレスにさらされる続けるなどした場合、ノルアドレナリンが不足してしまい、仕事や学習の効率が落ちてしまったり注意力が散漫になります。仕事中にぼーっとしてしまうことが多くなったり、ケアレスミスが増えていたら要注意です。

意欲や判断力も低下して「うつ」に近い状態になります。身体的な症状としても低血圧、貧血、めまいや立ちくらみなどが現れます。

ノルアドレナリンの原料はアミノ酸「フェニルアラニン」や「チロシン」で、どちらもサジージュースに含まれています。アミノ酸を分解、吸収するにはビタミンB6や鉄分などが使われるので、同時に補給できるサジージュースは最適です。

サジージュースで脳内を元気にして、出かけよう

「春は気分が乗らない」と思っていたけど、実は栄養不足の可能性があるとしたら??
脳内の幸福伝達物質のための栄養素をサジージュースでしっかり摂って、お天気のいい日には外に出かけてみませんか?

栄養をしっかり摂って、体を動かすことで気分もゆっくり上昇してくるだろうし、そうなればもうWIN WINです。

サジージュースで鉄分やアミノ酸をたくさん摂ることで貧血を改善すれば、ふらつきや疲れなどに悩まされることもなく、お肌の調子も高まってお化粧も苦にならなくなり、毎日がスッキリと気持ちよく過ごせるようになります。

 

サジージュースで春の憂鬱、体調不良をスッキリさせよう>>>>詳しくはこちら>>>>>

サジーで貧血改善すると【若々しさ】までついてくる!~その老け顔は栄養不足の可能性~


サジージュースを飲むと白髪がなくなる?というウワサが最近ひろまっています。

白髪も含めて、私たちを脅かす「老い」の恐怖。
「日々若さが失われていく」!とあせっていても、何をどうケアしたらいいかなわからい。とりあえず化粧品とか、エステとか・・・。目にみえることから始めてしまうのも仕方がない事。

だけど、体の中を「栄養で満たす」こと以外に、若々しさを保つことは実際、難しいです。

白髪とサジージュースの関係でいえば、「サジージュースには貧血を改善する栄養素がたっぷりはいっている」ということがいえます。

なぜ貧血が改善すれば白髪がなくなるのか?についてはこちらのリンクから詳しく解説しています。

サジーで白髪対策【白髪は遺伝もあるけど栄養不足が原因】

 

貧血には鉄分補給を!というのはもはや常識で、鉄分が不足してる人が4人に1人いるというのも事実です。

心臓から送り出されて、1分くらいで体中を回りまた心臓に帰ってくる。
考えてみればそれをやり続けなければ、わたしたちは生きていけないほど「血液のはたらき」はとても重要です。

 

サジージュースが血液のはたらきを支える理由

血液のはたらきは大きく分けて5つあります。

  1. 水分を保つ
  2. 酸素や栄養を届ける
  3. 老廃物や二酸化炭素を回収する
  4. 体温を維持する
  5. 免疫力をあげる

■水分を保つはたらきについて

血液が水分を保つ?ちょっとイマイチぴんと来ないですね。体の水分量のバランスが崩れると「むくみ」の原因になるそうです。アルブミンというたんぱく質が水分バランスに関係があるそうで、

  • 水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧の維持
  • 体内のいろいろな物と結合し、これを目的地に運ぶ運搬作用

と言う重要なはたらきをします。たんぱく質は「アミノ酸」を材料として作られます。食事から取り入れるべきアミノ酸が足りないと、体内でいろいろなたんぱく質の合成ができません。

サジージュースには食事で取らなくては欠乏する「必須アミノ酸」全種類を含めアミノ酸が18種類入っています。

リンネルの美容ドリンク部門第一位!

 

■酸素や栄養を届ける

■老廃物や二酸化炭素を回収する

これはまさにサジージュースに含まれる「鉄分」と、鉄分の吸収を助ける「ビタミンCと有機酸」、さらにはヘモグロビンの相方「アミノ酸」の得意分野。

酸素を届けるためには赤血球内のヘモグロビンの数が重要です。

サジーと貧血【鉄分補給に最適な自然食品】

血液が栄養を運べない倍も深刻です。栄養不足で「太る」と言っても信じられますか?実はカロリーを燃やすためには栄養素が必要です。

きちんとバランスの良い栄養を取っていないと栄養失調なのに太ってしまうという結果になります。

 

■体温を維持する

サジーはマイナス40度もの極寒に耐えながら育ちます。日本の冬のように雪も降らないので(年間降雨量300mlくらい)カラカラに乾いていて、極寒。
そんな環境の中生き抜くので、「寒さに強い」植物になるのは当たり前とも言えます。

  1. 冬が旬の食べ物は体を温める
  2. 体が温まると血流が良くなる
  3. 血流が良くなると体温を維持できる

 

■体温が上がれば免疫力も上がる

免疫力というのは「体を外敵から守る力」です。風邪などをひいたときに発熱するのは「体を免疫力の働きやすい高温にするため」です。

免疫細胞の60%以上が集中していると言われる私たちの腸を良好な環境にすることも需要で、サジージュースにはビタミンCをはじめ数種類のビタミンや有機酸が多く含まれているので、体温面からだけでなく免疫細胞を応援します。

 

サジージュースが「老い」に対抗する本当に理由は?

血流をよくして、血液のはたらきを強力サポートすることで貧血からくる「老いダメージ」を回避するサジージュースですが、実はもっと根本的なところでもアンチエイジング活動をしているのです。

それが「抗酸化作用」です。

私たちを悩ませる肌のシワ、たるみ、ほうれい線、体力低下などの「老化」と言われる現象は、増えすぎた活性酸素が原因です。

活性酸素は体内で余った酸素がストレスなどの影響で悪性物質に変わってしまったもの。
体内の脂質を酸化させ、ドロドロの過酸化脂質に変えてしまいます。

あらゆる細胞を壊し、水分をなくし、皮膚をたるませ、潤いをなくし・・・。
体内でも様々な病気の原因を作り、老化と言われるあらゆる変化を進行させます。

サジージュースにはこの「酸化=老化」に対抗する「エイジングケア栄養素」がたくさん入っています。

 

体は4ヶ月で作り変わると言われています。
サジージュースを毎日飲むことによって「老化」を遅らせることができるなら。

 

>>>4ヶ月かけてしっかりと「老い」に抵抗したいあなたはここをクリック

サジージュースで「美人」になる


サジージュースできれいになるって本当??

美容に気を使わない!という方は別にして、「きれいになりたい」と思うのは当たり前ではないでしょうか?「きれい」というのは生まれ持った造形の問題だけではありません。

どういう毎日を過ごしているかで、きれいは減ったり、増えたりするものだと思うのです。

きれいになる努力、きれいを守る努力、やってますか?

サジージュースは「美と健康」に敏感な女性に今、注目されています。

 

サジージュースは飲む美容液

人から見られて気になるところ。もちろん色々あると思いますが

  • 髪の毛のつや
  • 顔色

この三つは「ピンとくる」もの。

いろんなケア商品を試してはやめ、ドラッグストアを隅から隅まで検索して回るよりも、もっと大切なことは

「肌、髪、爪のいい材料を取り入れる」こと。そう、サジージュースで「美しくなるための栄養素をたっぷりとる」ことが大切です。

いい材料を摂って、体の中から毒素を排出す。この二つを続けていけば「自然な美しさ」を手にいいれることができます。

 

サジージュースは体をきれいに作り変える

【肌】活性酸素を増やさない生活習慣と必要な栄養素

ニキビ・・・皮脂分泌が盛んになって酸化した皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まってできる

シミ、そばかす・・・紫外線による日焼けダメージや色素沈着

肌に悪影響を及ぼす活性酸素は、生活習慣の乱れや紫外線、ストレスなどで増加します。生活の不規則なリズムから睡眠不足になることも肌には大きなダメージがあります。

肌の調子を整えるには材料となるたんぱく質(アミノ酸)と、その代謝に関わってくるビタミンB6などのビタミン、コラーゲンの合成に必要なビタミンCが必要。サジージュースにはアミノ酸もビタミンB群も、ビタミンCも豊富に含まれています。

サジージュースに豊富に含まれているベータカロテン、ビタミンE、ビタミンCなどの「抗酸化成分」を鳥、体の酸化を抑えることも重要です。

 

【髪の毛】髪や爪の質の低下は「貧血」によるもの

髪の毛がパサパサしてきたり、爪が割れやすくなっても「貧血」のイメージとは結びつかないです。貧血というのは「血中に含まれるヘモグロビンが不足」している状態です。

ヘモグロビンは、血中で酸素や必要な栄養素を全身に運ぶ役割があり、欠乏することによって体の隅々に酸素や栄養を届けることができません。

酸素は体にとって重要な部分(脳や臓器)から優先的に使われます。酸素が足りないと髪の毛や爪などの末端まで行き届きません。

本来、十分なヘモグロビンがあれば髪を生成している毛乳頭酸素や栄養分が血液によって運ばれ、毛母細胞が正常に細胞分裂を起こし、髪が伸びていくのですが、ヘモグロビンが欠乏した貧血の状態では毛乳頭に必要な酸素や栄養素がいきわたらなくなり、髪にハリやコシがなくなってパサパサしてしまうのです。

抜け毛が多くなったり、白髪の発生にも同じことが言えます。

日頃の疲れが顔や髪に出てきたなぁと感じる時がありませんか?
それはもしかしたら疲れが溜まってるだけではなくて、血液内のヘモグロビンが少ない「貧血」かもしれません。

 

【顔色】活性酸素を増やさない生活習慣と必要な栄養素

顔の薄い皮膚の下にはたくさんの血管が集待っています。顔色にはその血液の量や状態が反映されるので「体の調子」を簡単に知ることができます。

顔色が悪くて、健康な人はあまりいない、と考えても間違いないでしょう。

貧血が原因の場合も多くあります。
酸素を持ったヘモグロビンは鮮やかな赤い色をしてるのですが、ヘモグロビン自体が少ないと、血液はどす黒く見えます。

健康的な肌は「酸素を持ったヘモグロビンの赤」が透けて見えるので、うっすらと赤い、暖かい肌色をしています。

体が冷えることによって皮膚の血行が悪くなり、顔色が悪くなることがあります。

房の効いた部屋で長時間過ごすことや、冷やした食べ物などには注意が必要です。ぬるめのお風呂にゆったりとつかったり、温めたサジージュースを飲んで冷えを防ぎましょう。

サジージュースに豊富に含まれている「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEは、老化を促す活性酸素から赤血球を守り、血行を促進します。

サジー果皮【どうして果物の栄養素は果皮に多く含まれるの?】


サジー果皮の秘密は?ポリフェノール満載のわけ

サジーが自生する内モンゴル自治区の砂漠地帯では、マイナス40度〜40度の気温差や、高地であるが故の強い紫外線、年間降雨量が200ミリほどの乾燥な度、植物にとっていい状態の土地ではありません。また塩害の被害のある場所もあります。

サジーだけでなく、植物にとって

  • 紫外線
  • 低栄養
  • 乾燥

これらすべてがストレスになるのです。

ストレスに対抗するために、植物はポリフェノールなどの「化学物質」を作り出すようになりました。植物が生きていくにあたって最初に作られたものが紫外線から身を守るポリフェノールだと言われています。

 

ポリフェノールの役割は大きく二つあります

  1. 紫外線を吸収して防御
  2. 紫外線により発生する活性酸素を消去する

なぜ果物の「果皮」にポリフェノールは一番多く含まれるのか?
それは紫外線が果実の奥や種まで届かないようにするためです。植物が赤や紫という色を作り出したのは紫外線を吸収して、その害を本体にまで及ぼさないためなのです。

もう一つの重要な事は「抗酸化」です。
紫外線に当たると細胞が酸化してしまいます。ポリフェノールは植物由来の「酸化に対抗する物質」です。

ビタミンCやビタミンE、カロテノイド等の抗酸化物質と同じようにポリフェノールも活性酸素の活動を抑えてくれます。

フィネスの豊潤サジーに使用しているビコアサジーは、サジーの中でも栄養価が高いことで有名なのですが、それは「より厳しい環境でいく抜くために必要な栄養素」を自分自身でたっぷり含んでいるからです。

 

サジー果皮に含まれてるポリフェノールを無駄なくジュースに

フィネスのサジージュース「黄酸汁 豊潤サジー」は、果実を押しつぶしただけの圧搾ジュースとは違います。

果実をきめ細かく裏ごしする事により、果皮もしっかりジュースになります。特に高額で取引させる「オイル」さえもたっぷりジュースに入ります。

裏ごしジュースにはポリフェノールたっぷりの果皮が含まれるので、サジー果実をそのまま食べるのと同じように補給できます。

サジーで白髪対策【白髪は遺伝もあるけど栄養不足が原因】


サジージュースで白髪対策:老化イメージをふっとばそう!

鏡の中で白髪を見つけた時のガッカリ感はもう、言葉では言い表せません。
白髪=老化のイメージだから。

サジージュースの200種類以上の栄養素の中から白髪対策に有効な栄養素とそのはたらきをまとめました。

 

黒髪が黒いのはメラニンがあるから。肌に生まれると厄介なメラニンはチロシンというアミノ酸からできます。チロシンがないと黒髪になりません。
体内で作ることができない必須アミノ酸の一種「フェニルアラニン」は、このチロシンを作るのでこちらも必要です。
サジージュースにはチロシンもフェニルアラニンも含まれています。

 

サジージュースで白髪対策:貧血を改善することが重要

ビタミンB12と葉酸は血液を作る「造血のビタミン」と呼ばれ、ヘモグロビンの合成に深く関わっています。

そうです。

サジージュースの一番の効果効能である「貧血対策」こそが白髪をなくす最重要課題なのです。

ヘモグロビンは血液に乗って身体中に酸素を運ぶ働きがあります。
酸素が不足すると頭皮や髪が栄養不足になるため、白髪や抜け毛を引き起こします。

貧血状態(ヘモグロビン値の低い状態)を改善するには、ヘモグロビンを増やすしか手はありません。

ヘモグロビンは「ヘムという鉄」と「グロビンというたんぱく質」でできています。貧血対策というと鉄分補給だけにスポットが当たりますが、そうではないのです。

鉄分と、たんぱく質(アミノ酸)を豊富に摂取することが大切です。

 

サジージュースで白髪対策:食事でしか補給できない必須アミノ酸

人間の身体は水分が70%、タンパク質がそれに次いで20%。臓器、筋肉、皮膚、血液、細胞、毛髪、爪、ホルモン、抗体など、身体のすべての部分がアミノ酸を組み合わせたタンパク質でできています。

人間のタンパク質は20種類のアミノ酸のどれが欠けてもなんらかの異常が発生してしまいます。タンパク質は生命の維持に必要な部分から優先的に使われます。なので毛髪や爪といった部分は一番後回しにされます。
白髪が増える、爪が弱くなるなどの問題がある時は、タンパク質(アミノ酸)が不足している状態です。

アミノ酸には食事でしか摂れない「必須アミノ酸」というものがありますが、普段の食生活ではなかなかすべてのアミノ酸を摂ることは難しいようです。その点サジージュースは20種類のアミノ酸全てを豊富に含んでいますから、栄養補給にピッタリだと言えますね。

 

サジージュースで白髪対策:ミネラル系も重要な栄養素

ビタミン、鉄分、アミノ酸以外にも白髪対策に重要な栄養素は亜鉛などのミネラルです。

亜鉛は新陳代謝や細胞分裂に必要な核酸の合成を促進させる働きがあり、毛母細胞の分裂や髪の成長に重要な役割を果たします。
亜鉛が不足する髪の毛の成分であるケラチンが作られなくなります。

 

>>>見た目の白髪対策も、体の中の若々しさも同時に手に入るサジージュースはこちらから購入できます。1000円お試し開催中!

 

サジーで免疫アップ【寒の戻りに風邪をひかないように】


サジージュースは免疫力を上げてくれる

今年の冬は寒かったのでインフルエンザが猛威を振るいました。手洗いうがいは絶対で、でもそれにプラス「ウイルスに負けない体」を作ることが大切だと実感したのではないでしょうか?

サジージュースは体の免疫力を上げる栄養素が多く含まれています。

  • たんぱく質(アミノ酸)
  • 亜鉛
  • ビタミンA(ベータカロテン)
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ナイアシン
  • ビオチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

などの栄養素です。

 

サジージュースに含まれるたんぱく質のはたらき

たんぱく質(アミノ酸)は酵素の素にもなるもので、体の材料です。酵素は体内で行われる様々な活動(消化吸収・運動・呼吸など)を助ける大切な役割を担っています。

たんぱく質(アミノ酸)が不足するということは「体の材料が減る(新陳代謝が鈍る)」といことで、体調を大きく低下させてしまいます。

 

サジージュースに含まれる亜鉛のはたらき

亜鉛は「美味しく栄養をとる」という基本に深く関わっています。
舌にある味を感じ取る細胞は、この亜鉛がなければ十分に機能しません。そのため、亜鉛が不足してしまうと、味覚障害を引き起こ梓「何を食べても美味しくない」と感じることから食欲不振になったり、栄養失調になります。

免疫はきちんと栄養をとることから始まります。美味しく食事をとることはストレスを軽減するんでさらに免疫力も上がります。

 

サジージュースに含まれるビタミンAのはたらき

ビタミンAは粘膜を良い状態で保つためにも必要な栄養素。喉・鼻・腸などに存在する粘膜は、風邪などのウイルスが体内に侵入するのを防いでくれます。いつも粘膜に潤いを持つことが病気予防には不可欠です。

ビタミンAは摂り過ぎに注意(特に妊婦さんの場合)すべき栄養素でもあります。その点サジージュースに含まれているβ-カロテンは必要な分だけ体内でビタミンAに変わることができます。サジージュースでビタミンAをとると過剰摂取などの心配がなく、安心です。

 

サジージュースに含まれるビタミンB群のはたらき

ビタミンB群とは、ビタミンB1・B2・B6・B12、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチンの8つを指します。

ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸、葉酸には免疫力を高める役割があります。ビタミンB群はどれかひとつだけでは効果を発揮しにくく、お互い助け合いながら働きます。なのでビタミンB群が豊富に含まれているサジージュースは最適です。

普通の日本人の食生活では不足することはないと考えられていましたが、食生活は変化してきています。栄養調査によるとビタミンB群は実際はかなりの数の潜在性欠乏者がいるということがわかっています。サジージュースでビタミンB群をまとめてたっぷりとりましょう。

 

サジージュースに含まれるビタミンCのはたらき

風邪予防のためにはまずビタミンC。
みかんをたくさん食べると風邪をひかないというのは割と当たっているようです。
ビタミンCは免疫細胞の一種「マクロファージ」のはたらきをサポートするので免疫力アップに効果的です。

 

サジージュースに含まれるビタミンEのはたらき

体の免疫を落としてしまうものに「活性酸素」があります。活性酸素はもともと呼吸によって体内に入った酸素が、ストレスやその他の要因により「体を傷つける毒」に変わったものです。

ビタミンエは細胞膜の中で活性sんそを待ち受けます。
活性酸素が体内の脂質と結びついて毒性の強い「過酸化脂質」になる前に、先に活性酸素を捕まえ、無害なものに変えます。

ビタミンEが不足すると、過酸化脂質の増加を止められず、動脈硬化や脳梗塞などの「血管の病気」を引き起こすことになります。

ビタミンやアミノ酸は数種類あり、どれも単体でより複合的にとる方が威力を発揮します。もちろん多くの品目を食事でとるのが理想的ですが、難しい場合は「一口で200種類以上の栄養素」が摂れるサジージュースの手を借りるのもいいですね!