サジージュースを飲むと性格までかわるかも?腸内環境が感情に与える影響


サジージュースで腸内環境を整えて「おだやかな人」になる??嘘のような本当の話。

腸は肌の鏡、と言われます。
腸内環境がお肌に与える影響は大きいのです。もちろん便秘になると吹出物がでたりするという表面的なこともありますが、腸内には体を外敵から守る免疫細胞が多く存在します。
新しい肌に作り直したり、血液のながれをよくして新陳代謝を高めたり・・・腸には重要な仕事がたくさん。

でも最近になって「腸内環境が脳に影響する」という研究が行われています。

腸の中の細菌が

  • 記憶力
  • 判断力
  • ストレスの感じ方
  • 性格

に影響を与えることがさまざまな研究で明らかになってきています。

サジージュースをのんで、性格が変わったという話はききません。
でも、体の調子が良くなることで気分があがり、ポジティブになりましたという体験談は多くあるようです。
それがもしかしたら「腸内環境が改善したこと」に関係があるとしたら??

 

脳と腸内細菌の関係が世界の医学会で注目されるようになったのは九州大学の教授、須藤信行さんの発表からでした。

先生はマウスを使った脳の基本的な仕組みを研究中に「無菌マウス」の行動がおかしいことに気づきました。なにかそわそわして落ち着きがなかったり、過剰な警戒心をもっているようだったのです。

普通のマウスと無菌マウス、その違いは「菌を持っているかどうか」
普通に考えると無菌のマウスの方がいろんな意味で外敵から守られているような気がしますが、腸内にも菌はいません。

先生は無菌マウスに普通のマウスの腸内細菌だけを移植して、腸内に細菌を住みつかせる実験をしました。

すると無菌マウスが落ち着き始めたのです。

 

先生は次に「ストレス」について調べ始めました。

無菌マウスと普通のマウスどちらにも軽いストレスを与えてみると、無菌マウスの体内にはストレスホルモンが大量に分泌されていました。

一方、腸内細菌を移植した無菌マウスは分泌が少なかったといいます。

 

腸内環境によって感情・性格にまで影響があるのではないかと研究を進めました。

本来は無関係にみえる腸内細菌が、行動を司る「脳」に影響を与えているかもしれないというこの発表により、世界中の研究者が脳と腸内細菌についての研究を始めました。

 

 

あるカナダの教授が「性格を決めているのは腸内細菌である可能性がある」という発表をしました。

私たち人間にも活発な人、臆病な人などがいるようにマウスにもいろんな性格があります。見た目の違いも含めてわかっているだけで400種類以上の系統があるそうです。

まず、マウスを少し高い台の上に置き

  1. すぐにその台を降りるマウス
  2. 躊躇してなかなか降りないマウス

のふた通りに分け、その腸内細菌を入れ替える実験をしたところ、腸内環境が入れ替わるとマウスの行動まで変わってしまったということです。

この実験をなんども何度も繰り返し、多くのデータを取って行ったことによって、性格を決めるのは遺伝子と環境というのがあたりまえの説でしたが、腸内細菌もその一旦を担ってることがわかりました。

 

近い将来、もっと多くの研究が行われ、腸内環境の大切さが証明されることでしょう。