サジージュースで春の憂鬱をスッキリさせる方法〜負の感情は脳の血流不足かも〜


サジージュースで春のイライラ、もやもやが軽減する??

4月も終わり、「五月病」と言われるシーズン。
冬から春、初夏へと変わっていく中どうしても体のだるさが取れない・・。

溜まった疲れは「貧血」症状の一つですが、実は「ゆううつな気分」も脳への酸素不足が原因の場合があります。

貧血の場合、体に取り込まれた酸素は脳や臓器に最優先に回されるから、毛先や爪などが先に悪化していくのですが、それがずっと続くと脳にも酸素や栄養が届かなくなります。

脳の活動が低下していくと、判断力や記憶力も低下していきます。
それよりも如実にあわられるのが

  • 幸せを感じられない
  • やる気が出ない
  • 悲しみにとらわれる

と言うもの。

 

これは脳内物質の

  • セレトニン
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン

が少なくなるからです。

サジージュースにはこれら三つの脳内物質を作るアミノ酸が全て含まれています。

 

サジージュースでセレトニンを作ろう!

セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。不足すると思考がネガティブになり、スッキリとしない気分に陥ります。代謝が下がり体調を壊すこともあります。

セロトニンは、腸に約90%、血液中に約5%、脳に約5%あるといわれていますが、「気分」を左右するのは脳に存在するセロトニンです。

セロトニンは、食事で摂らなければ不足する必須アミノ酸「トリプトファン」を摂ることで合成される物質です。トリプトファンはもちろんサジージュースに含まれています。

セロトニンを生成するのにはサジージュースに含まれているビタミンB6も必要です。

 

サジージュースでドーパミンを作ろう!

ドーパミンのはたらきは「気持ちの良さ」を感じることや「やる気」を出すことです。学習能力や記憶力とにも影響します。

脳の中にはおよそ1兆個の神経細胞がありますが、そのなかにはドーパミンにしか反応しない神経もあり、「ドーパミン作動性神経」と呼ばれています。

「なんだか最近、気持ちがスッキリ晴れない」と感じる時はストレスなどによりドーパミンの発生が少なくなっている可能性があります。

ドーパミンの原料はアミノ酸「フェニルアラニン」や「チロシン」で、どちらもサジージュースに含まれています。

ドーパミンは「好きなことに夢中になっている時」にも発生します。でも、そもそもドーパミン不足でやる気が出ないのであればなかなか難しいですよね。

楽しくおしゃべりする、買い物に出かける、スポーツをする・・・。わかってはいるけどそれすらやる気が出ない時は、まずはドーパミンの材料のアミノ酸をしっかり取ることが近道かもしれません。

 

サジージュースでノルアドレナリンを作ろう!

ノルアドレナリンは、自律神経系の「交感神経系」を興奮させるはたらきを持ちます。
脳と体を覚醒させる作用と、環境や対人、精神などから受ける『ストレス』に対応する作用などがあります。
強いストレスにさらされる続けるなどした場合、ノルアドレナリンが不足してしまい、仕事や学習の効率が落ちてしまったり注意力が散漫になります。仕事中にぼーっとしてしまうことが多くなったり、ケアレスミスが増えていたら要注意です。

意欲や判断力も低下して「うつ」に近い状態になります。身体的な症状としても低血圧、貧血、めまいや立ちくらみなどが現れます。

ノルアドレナリンの原料はアミノ酸「フェニルアラニン」や「チロシン」で、どちらもサジージュースに含まれています。アミノ酸を分解、吸収するにはビタミンB6や鉄分などが使われるので、同時に補給できるサジージュースは最適です。

サジージュースで脳内を元気にして、出かけよう

「春は気分が乗らない」と思っていたけど、実は栄養不足の可能性があるとしたら??
脳内の幸福伝達物質のための栄養素をサジージュースでしっかり摂って、お天気のいい日には外に出かけてみませんか?

栄養をしっかり摂って、体を動かすことで気分もゆっくり上昇してくるだろうし、そうなればもうWIN WINです。

サジージュースで鉄分やアミノ酸をたくさん摂ることで貧血を改善すれば、ふらつきや疲れなどに悩まされることもなく、お肌の調子も高まってお化粧も苦にならなくなり、毎日がスッキリと気持ちよく過ごせるようになります。

 

サジージュースで春の憂鬱、体調不良をスッキリさせよう>>>>詳しくはこちら>>>>>