サジージュースで体温あげたら空も飛べるかも??


サジージュースで体温あげてないと慢性的なエネルギー不足になるかも??

私たちの体温は、体内の生命維持活動に欠かせない「酵素」が十分に働けるように保たれています。
脇の下など測る「表面温度」が36.5度くらいが好ましいのですが、近頃は低体温の人が増えているということです。

夏でもクーラーの効きすぎなどで表面温度が奪われ、体内も冷たい飲み物で冷えていく。

冬でも痩せて見えるように薄着で、しかも矯正下着で血行も悪くなり体が冷えてゆく。

思い当たる節があります…。

 

体温が低いと生命維持が難しくなる。

体温が低い状態ではエネルギーを作り出す細胞中のミトコンドリアという組織がうまく働けず、慢性的なエネルギー不足状態におちいってしまいます。

体内の代謝力や免疫力も低下して、病気にかかりやすくなってしまいます。

低体温になってしまう原因の一つがストレスの多い生活です。

仕事が多忙で睡眠不足や蓄積疲労があったり、不安や悩みなどの精神的ストレスが過剰になると、自律神経バランスがくずれてしまいます。

 

頑張りすぎる生活はミトコンドリア系のはたらき(持久力)が低下

細胞中のミトコンドリアという組織は、酵素を使って効率的にエネルギーをつくりだします。ミトコンドリアは低体温ではうまくはたらくことができません。慢性的なエネルギー不足になり、免疫力を含む体のすべての活動が低下します。

 

怠けすぎる生活も副交感神経優位が過剰になります

ゆったりしすぎる、休日にごろごろしてばかりの生活も免疫力を落とします。

ミトコンドリア系が十分にはたらかず、酵素がつかえません。それを補うように酵素を使わずにエネルギーをつくる「解糖系」が活発になります。解糖系エネルギーは効率が悪く、生み出してもエネルギー不足を補うことはできません。

やはり適度な運動と、休養とはリズムよくやるべきですね。

 

サジージュースは医学会で「体温を上げるジュース」だと発表されました。

 

サジージュースで体温あげたら空も飛べる??超余談(笑)

体温が高いほど大きなエネルギーを生み出せます。
空を飛べる鳥たちと、私たち人間は体温に大きな差があります。

  • すずめ・・・43℃
  • 白鳥・・・42℃
  • コウモリ・・・41℃

ーーー飛べるボーダーーーー

  • にわとり 40℃
  • にんげん 37℃

人間の動物としての体温の低さがわかります。