サジージュースはまずい!【それがだんだん美味しく感じられるようになるから不思議】


サジージュースのまずさは独特:最初の印象は?

サジージュース、体にいいことはなんとなくわかったけど、ネットで見る「まずい!」という評判に購入をためらってる方のため、本当にサジーはまずいのかをまとめてみます。

結論:最初はまずく感じます。

ところが、飲んだ後、「あれ?そうでもなかった?」と思い、
次の日にはまた「飲んでみようかな?」という気持ちになります。

サジーは日本にはほとんどない果物。
未体験の味です。
果実の写真だけ見ると、なんとなく甘そうな印象もあります。
私も「すっぱい!」という感じは受けなかったです。

そんなまずそうな果物じゃないでしょ?

サジージュースのまずさは独特:いうほど酸っぱさは気にならない

ネットでは「すっぱい!」という口コミもたくさんあったし、メーカーのフィネスさんのホームページにも「胃の弱い方は薄めてお飲みください」って書いてあるから、どれだけすっぱいのか?と覚悟して飲んでみたけど、

結論:お酢ほどすっぱくはない

お酢を飲むと、(綺麗なビネガー系のものにもはまったことがある)あごの下が「キューン」となってツバが出ませんか?
私は舌の付け根あたりがキューっと縮むような感じがしました。

サジージュースは実は、そこまですっぱくはない。
それは天然ハーブの「ステビア」が酸っぱさを弱らせてるのかもしれないし、もしかしたら「すっぱい!」と覚悟して飲んだから、そうでもなく感じたのかも(笑)

とにかく、飲めない酸っぱさではない。
でももしかしたら、男性は苦手かも。

すっぱいと言っても、レモンのような尖った酸っぱさででもないです。
レモン汁とか、唐揚げにかける程度で十分ですもの。

じゃあ、なぜ、サジーはまずいと言われているのか?

それは「未知のもの」だからじゃないかな?

知らない味だ〜〜〜

 

サジージュースのまずさは独特:味わったことのない味

サジーを食べたことのある日本人はほとんどいないはず。
北欧に旅行に行ってシーバックソーン(サジーの北欧での呼び名)を食べたり、モンゴルに行ってサジーを食べたりした人はいるかもしれません。

それほど、馴染みのない味なんです。

だから理解できなくて「あ、まずい」と思ってしまうんじゃないかなぁ?

 

まずい!ていうのは「感じ方」かも?

初めて食べるもので「これ!美味しい!」って思えるものは、過去に食べた美味しいものとリンクしてるからじゃないかな。
サジージュースは、一見マンゴジュースのようなとろとろ感があるのに、味は正反対の酸っぱめ。だから頭の中が「???」ってなって

「これは飲んだことのない味だ。理解できない。」

という思いから「まずい」という表現になるのでは?

私の周りのサジージュースを飲んでいる人も「最初はまずく思った」という人が多いです。

でも、サジーが本当に「まずい」と思わせる原因は、実は

  • 匂い
  • 濃さ

じゃないかと思ってます。

サジージュースは、濃すぎる!

 

サジージュースのまずさは独特:透明感ゼロのとろとろ

サジージュースをコップについで見て驚くのが、濃さ。
ネクターみたいな。

りんごジュースや野菜ジュースはどんなに濃くても「水っぽい」感じがするのに、サジージュースはすごい。トマトピューレみたい。
しかも黄色やオレンジ色とは違う、独特の色。
黄土色に近い。

そこがまず抵抗感あるかもしれません。

そして匂い!

今まで嗅いだことのない匂い。
きっと200種類以上の栄養素がぎっしりつまってるからだろうけど。

くさい・・・。

 

これは今でも「全然平気!」ってレベルには達してません。残念ながら。

きゅっと飲んで、ぷはー!っとやる。
サジージュースのまずさは「栄養素がぎっしりだから」と納得して飲む。
すると、明日の朝になると

「あ、サジージュース飲まなきゃ」

ていう気持ちになるのです。不思議と。

まずいサジージュースは飲みたくないよね