サジージュースで体を温めよう【なぜ?暑い夏に体を温める必要があるの?】


夏は案外体が冷える:サジージュースの出番

サジーはマイナス20度もの真冬を生き抜く果物です。
なので、寒さに強い栄養素をたくさん持っています。

冬場の寒い時期なら、サジーに頼っちゃうかもしれないけど、なぜ夏に?

実は現代の夏は体にとって「暑いばかり」ではありません。

オフィスはまるで冬。
足先、膝まわりが冷える冷える。
家に帰ってもクーラーをかける。

夏らしい暑さは、外に出てる時だけ。
これがどのくらい体にストレスを与えているか・・・

 

夏と冬をタイムマシンで行ったり来たり。これじゃ自律神経がおかしくなるのも無理はありません。
しかも「暑いしめんどくさいし、早く汗を流したい」とシャワーで済ませる毎日。

体の芯が温まらず、血流は滞り、栄養素や酸素が行き渡らない。

そう、夏は「体が冷えるのに要注意な季節」なのです。

 

 

冷たくてあっさりしたものばかり食べてると

旬のものを食べるのは、理屈に合っています。
夏野菜には体の熱を冷ましてくれるものが多く、冬の野菜には血流を促進して体を温める作用があるものが多いようです。

昔のように空調がなく、夏の暑さから体を守りたい時には夏が旬の物を食べるのがベストです。まあ、冷蔵庫があったわけではないので、旬のものしか食べれないというのはありますが。

では、現代はどうでしょう?
運動量も少ない。
22度に設定されてるオフィスもあれば、スーパーマーケットの中は凍える寒さです。

思ったよりも体は熱を奪われているのに、冷たい水。冷たいスイーツ。冷やしたビール。
内臓はどんどん冷えて、消化吸収という大切な仕事がはかどらなくなります。

あっさりとした食事でエネルギーやたんぱく質は不足。汗と一緒にミネラル類も流れ出て、体は栄養不足に。

血流が落ち、新陳代謝が落ち、老廃物もたまります。

 

新しい栄養が不足して、いらないものが溜まってくる。
体を温めないと。

そこで、サジーの登場。
サジージュースは「冷たく冷やして飲んでも」体を温めるんです。

温かいものはさすがにちょっと汗が出るしなぁと思ってるあなたにも最適。サジージュースは温度で体を温めるんじゃなくて、栄養素で体を温めます。

体の巡りを良くし、栄養分と酸素を体の必要な箇所へ届けます。
ビタミンやミネラル、有機酸や抗酸化成分、アミノ酸など暑い夏にも絶対必要な栄養素もたくさん。

冷たくてすっぱいサジージュースは体をリフレッシュさせてくれます。
食が進まない時期だからこそ、摂るべき栄養素に気をつけましょう。