サジーは寒さに強すぎ!【マイナス40度でもぷるぷるの果実】私たちの冬対策にもぴったり


暑かった夏が過ぎて、バテたまま寒い冬に突入。

空気も乾燥するし、風邪引きが増えたり、インフルエンザが流行ったり。
体調管理をきちんとしないと、冬のイベントも楽しめない。

風邪ひかない人、ひく人。その差は免疫力にある。

職場でも友達でも、年中体調悪い人と、元気な人がいます。
同じようにウイルスは空気中に飛散してるのに。
まあ、うがい、手洗いをしっかりするなんてこともあるだろうけど。

元気な人とそうでない人は「免疫力」の差があるようです。
私たちに生まれながらに備わってる免疫力は、年齢とともにどんどん低下します。

takebe055122916_tp_v

う〜寒いな〜

 

免疫力の低い人の特徴は?

風邪をひきやすい人、インフルエンザに毎年かかる人。
そんな人は「冷え性」の可能性があります。
女性のほとんどが「冷え」を感じる現代において、冷え性には多くの人が悩んでいるでしょう。

靴下を二枚重ねしたり、お腹の冷えない服を着たり。
いろんな冷え性対策をしてると思いますが、一番肝心なのは

  • 体の中から温かくなること

です。

そのためには

  • 体の中を温めてくれる食品をとる

ことが大切。
もちろん適度な運動も必要ですが。

takebe055121914_tp_v

 

免疫力は体温にとても関係が深い

身体をウイルスや細菌から守ってくれる免疫力は、体温の低い人ほど低く、高い人ほど強いことがわかっています。
風邪をひくと、身体が発熱するのは「体温を上げて免疫力を高め、ウイルスをやっつけようとする体の働きなのです。
平熱の低い人は、体の免疫力が低いだけでなく、脂肪を燃やす力も少ないので「ぽっちゃりさんなのに冷え性」になってしまいます。

 

サジーが冬に強いわけ

サジーが育つ内モンゴルなどの砂漠地帯は、夏は直射日光で40度を超え、冬は高地のためマイナス40度にもなるそうです。
マイナス40度で果実を実らせるなんて、寒さに強い植物の王様じゃないでしょうか!
そんな「真冬の果実」だからこそ、寒さに強い栄養素をたっぷり持っているのです。

 

  • サジーには血流を促進するビタミンEがたっぷり
  • サジーには熱エネルギーの源「アミノ酸」がたっぷり
  • サジーには食事で摂った栄養をエネルギーに変えるビタミンB群がたっぷり

サジーに含まれる栄養素の相乗効果で、温かい体になって、免疫力をどんどんアップさせましょう。

takebe24h_tp_v

サジー飲んで、いい感じになろ!