サジーと口内炎の関係は?【できないように体質改善】できてしまったらコレ!


サジーには口内炎に効く栄養素もたっぷり

口の中や舌に起こる炎症、口内炎。間違って噛んでしまったその傷が口内炎になることもあれば、小さな炎症がポツポツとできることもあります。

口内炎ができるとテンションが下がります・・・。
辛いものがしみたり、炎症を起こしたところに歯が触れていちいち痛かったり。

口内炎は食生活のバランスが悪くて、ビタミンが不足している時にできやすいです。

口の中や舌は粘膜で守られています。この粘膜を守るビタミンB2が不足すると口内炎ができやすくなります。小さな炎症がポツポツできてくるときは粘膜を作る材料不足なので、ビタミンをしっかりとりましょう。

口の中って、実は雑菌だらけ。
食事中にうっかり口の中を噛んでしまったりして傷ができると口内炎の原因になります。力を入れすぎた歯磨きも、粘膜が薄く弱っている時には口内炎の原因になることもあります。

口の中の菌が増殖することによって口内炎はひどくなります。
できてしまったらうがいをしっかりすることが大切。

うがい薬を濃いめに入れたものでうがいするのも口内炎対策には良いようです。
とてもしみますけど・・・。

 

口内炎ができてしまったら?サジーで早めに粘膜のための栄養素を

口内炎はできて初めて自覚症状があるものです。
ということは、なかなか予防しなきゃ!で思えないのが現状。
あんなに痛くてつらかってのに、忘れてしまう。

そしてある時、また、できる。
では口内炎ができてしまったらどうしたら早く治るのでしょうか?

 

口内を清潔にする

歯みがきやうがいで、口の中を常に清潔にし、菌の繁殖を抑えることが大切です。
歯みがきは力を入れずに、傷に当たらないようにしましょう。

 

水分補給をして口内を乾燥させない

口の中が乾くと菌が繁殖しやすくなります。ノンシュガーの飴を舐めておくのも効果的です。水分補給とは言っても口内炎ができている間は、辛いものやアルコールなどはやめておいたほうがいいでしょう。傷口を刺激して、腫れがひどくなる可能性があります。

 

サジージュースでビタミン摂取を忘れずに

サジージュースには

  • 皮膚や粘膜を守るビタミンB2
  • 皮膚や粘膜の健康を維持するビタミンB6

が含まれています。

貧血改善や、体質改善を目指してサジージュースを飲み始めて、口内炎ができなくなったという方が増えています。

 

多種多様なビタミンを毎日摂ることが大切なのは

  • 複数の栄養素はお互いに作用し合う
  • ビタミンは貯めておくことができない
  • ビタミンは使わなかった分は排出されてしまう

という特徴があるからです。

 

特に口内炎を緩和するために必要なビタミンB2やビタミンB6は一定以上は蓄積することができません。しかも、体内で作ることができません。

ということは毎日毎日摂るしかないですね。

 

 

サジージュースには口内炎に良いビタミンだけでなく、200種類以上の栄養素が豊富に含まれています。