サジーでUV対策:暑い夏の紫外線ビームから身を守る


降り注ぐ太陽!夏真っ盛り。だけど女子は「夏に老ける」という事実。

日中は紫外線対策にぬかりないUVカット女子の皆さん。朝の10時ごろの紫外線対策はできていますか?

紫外線のピークはもちろん正午。
お昼休みに食事に出るその時間が一番なのですが、実は朝の10時の紫外線もあなどれません。じりじりと暑い午後二時よりも多いんです。

わたしたちが「あつい~」と感じる2時間ほど前が紫外線の総攻撃を受けてると考えて間違いないです。

主婦の方は「洗濯物を干す時間」が、実は案外危ない。
朝の家事は、ばったばた。
日焼け止めをぬってやるなんていう余裕はないですよね。
できれば正午の半分くらいの紫外線量の7時台をねらって!

 

サジージュースに含まれる抗酸化成分がUVの攻撃から守ってくれる。

紫外線の攻撃を受けてできる、シミ・しわ・くすみ。
私たちのテンションを下げる肌トラブル。

サジージュースが「飲む美容液」だといわれてる理由はリコピンやカロテンなどの「抗酸化成分」がたっぷり入っているからです。

色の濃い野菜や果物が美容にいい!というのは天然色素成分の抗酸化作用です。
色の成分カロテンやルテイン、リコピンなどは『カロテノイド』呼ばれています。

カロテノイドの効果が『抗酸化作用』といわれるもので、体の酸化(シミ・しわ・くすみ)をとめてくれるパワーを持っています。

カルテノイドがなぜ、紫外線対策になるのか?
それは野菜や果物の自体が「紫外線から身を守るために蓄えてる栄養素」だからです。
太陽の恵みをふんだんに受けて育つ植物。
でも紫外線は植物にとっても有益なばかりではありません。
なので特に外側の部分、果皮の部分には高い抗酸化成分がたっぷりはいっているのです。

やっぱり、焼かない努力も必要だ~

カルテノイドは紫外線が原因で起きる日焼けによる「酸化」を防ぎます。
シミやシワを予防する効果が研究発表されているようです。
カルテノイドを意識して摂ることで、紫外線を肌内部から守ることが期待できます。

紫外線は、日焼け止めクリーム等では、完全に対策をすることができません。
もちろん「サジーを飲んでいれば日焼け止めを塗らなくていい」というのとは違います。

外側から紫外線の侵入を防ぐこととあわせて、内側から紫外線の害をなかったことにする。
このふたつの「UV対策」で、夏の老化を防ぎましょう。

 


抗酸化成分には

  1. シミの原因であるメラニン生成を抑制する働きがある
  2. メラニンが原因のシミ・くすみ・クマの予防に役立ちます。
  3. 肌のコラーゲンを増加させシワ予防効果も

 

コラーゲンは紫外線で攻撃を受けるだけでなく、加齢によっても少なくなるものなので、「老化」をなんとかして食い止めたい私たちには、絶対に必要なものですね。

 

太陽だけじゃない!ごく微量の紫外線はパソコンやスマホからも!

紫外線は太陽からだけ注がれてるわけではありません。
なくてなはらないパソコンやスマホのバックライトからも紫外線「UV-A」が出ています。
夜、ベッドでスマホの画面を見るときにUV対策などしていませんよね?
さらに目やお肌に近いところで見るものなので、微量とはいえ毎日「日焼け」しつづけてることになります。

クラブやライブハウスなどでのブラックライト、コンビニやスーパーでの殺菌灯と呼ばれる光にも紫外線は含まれます。

体の中からの紫外線対策が重要なことがわかるはずです。

おまけ:ほおづえをつく彼女の「女子力はさがるいっぽう」

ある企業が調べた結果シミは頬骨からコメカミ周辺に集中して発生するということです。
このゾーンが日光にあたりやすいから?
いえいえ実は「ほおづえや目をこする」行為、もしくはスキンケアをすることが皮膚への過度な刺激となって「紫外線から刺激を受けた」と勘違いした皮膚がメラニンを発生させることがあるのです。

顔に触ったり、あごにわさったり。
そんな癖があるかたは、注意してください。