サジーで若々しさをキープ!【老化を防ぐ抗酸化成分】


サジーを飲んで若さをキープ:活性酸素があなたの体を毎日老化させる

健康情報番組や美容雑誌で「活性酸素が悪い!」というのを聞いたことがあるかたも多いと思います。活性酸素ってなんだろう?
「活性」のいい「酸素」って、あまり悪いイメージはないですよね。
だって私たちは酸素がないと生きていけないし。

活性酸素はほんとは「体内に入った細菌やウイルスをやっつける」強力な武器なんです。
細胞の老廃物を処理したりもしてくれる働き者。

問題になっているのは「増えすぎた活性酸素」なんです。

活性酸素はストレスや体に悪いもの(添加物から排気ガスまで)が入ってきたときにたくさん生まれます。それら悪いものを消そうとして。

ところがたくさん生まれた活性酸素は、皮脂や脂質と結びついて過酸化脂質というものにかわります。
これが「体の酸化」といわれるもので、公園の鉄棒などにつく「さび」と同じようなものです。

体のさび=過酸化脂質は周りの細胞を傷つけます。
体を守ろうと発生したものが、体を傷つけるものになるなんて…。

 

肌年齢がいっきに老化?:シミそばかすニキビの発生

余分な活性酸素が皮脂とくっついて作った過酸化脂質は、体内だけでなく美肌の大敵です。

日差しの強くなる夏。
空からは紫外線、空気中には排気ガスなどの汚染物質がうようよ。
それらが皮脂・角質層・細胞間脂質を酸化させ過酸化脂質をつくります。

過酸化脂質は周りの細胞をいっせいに攻撃し始め、その結果肌のハリやツヤをうしないます。
シミやそばかすをつくり、ニキビや吹き出物を悪化させます。
「老化した肌」の出来上がりです。

じゃあ、酸化の原因でもある皮脂をのこさないようにしたらいい!とガンガンに洗顔するのもよくないこと。
古くなった角質だけでなく、これから育とうとしてる角質をもおとしてしまいます。
若い角質は紫外線などに耐えられず、やはり傷ついてしまいます。

洗顔はやさしく、洗いすぎには注意しましょう。

 

サジーは過酸化脂質にどう立ち向かう?:豊富な抗酸化成分が大活躍

どんどん増えてゆく過酸化脂質にたいして体はどうするのか?

私たちの体にはそういった事態のためにそなわった「抗酸化力」というものがあります。
スーパーオキシドディスムターゼ、通称SODという強そうな名前の物質が活性酸素を分解します。
抗酸化ビタミン(ビタミンA、C、Eなど)も活性酸素の働きを抑えます。

これで一安心。
な、はず。
でも、なぜこんなにシミやくすみがでるの?

残念ながら加齢とともに(20代から)SODはどんどん少なくなってくるのです。
去年よりも、今年のほうが肌トラブルが発生するのは、そのせいかもしれません。

ここで必要となるのが先ほど出た抗酸化ビタミン(ビタミンA、C、Eなど)です。
そう!サジーにぜんぶ含まれてる!

  • ビタミンA(ベータカロテン):黄色ピーマンの4.3倍
  • ビタミンC:レモンの10倍
  • ビタミンE:くるみの3.2倍

 

しかもそのほか体の免疫力をたかめる栄養素もたっぷり。
サジーで肌を「ずっと若々しく」たもちましょう。