サジーで美肌習慣【冬の乾燥肌は高級化粧品のしわざ?】


サジージュースで内側から肌を育てる

冬めいてきて木枯らしが吹きだす頃、お肌が一年で一番乾燥するシーズンがやってきます。
カサカサお肌をなんとかしようと、保湿成分の多くはいった基礎化粧品をかったり、ハリや潤いがアップする!という広告を信じて藁をもつかむ気持ちで試してみたり。

でもそれは「肌の上からのサポート」だけ。
そしてそのサポートは実はダメージに繋がっている可能性も。

肌の細胞は内側でうまれ、順に育っていき、外側に向かっていきます。
外に行くに従って表皮に必要な成分を分泌していきます。

つまり肌は必要なものを自ら作り出す力をもっているのです。

毎日のスキンケア。あれを試し、これを試し、一喜一憂するよりも
「大切なものは体が作る。それ以外は基本的にいらない」くらいの体を作っていくことが一番大切で、自分にあったスキンケアになるのです。

サジージュースにはお肌を育てる多数の栄養素が豊富に含まれています。

貧血予防のために飲み始めたのに、なぜか肌の調子がよくなった。ワントーン明るくなったなどという体験談が続々なのは「体が真ん中から生まれ変わった」からに他なりません。

 

サジージュースで美肌作戦:スキンケアがお肌を壊してゆく??

スキンケア商品は毎年、新しい商品が生まれては消えていきます。どれを選んでいいのか?自分の肌に合ったものはどれなのか?悩みは尽きません。

スキンケア商品は、必ず「肌に何か塗る」ものですよね?
つまり外から何かをたして「潤い」や「ハリ」をつくるもの。
それ自体が、毎日生まれ変わろうとしてる肌のターンオーバーのリズムを崩してしまうことがあるのです。

基礎化粧品にも最近は高価なものが増えてきています。
そしてその多くが

「使った途端に実感できる!」

というもの。

 

使ってすぐにハリがでる秘密は「潰れて中身が出てしまった角質に無理やり穴を開けて、もう一度無理やり水分を注入し膨らませる」というものです。

これで短期間に「肌のハリ」は戻ってきたような実感が得られるでしょう。
ただ、その高価な化粧品を使い続けなければ、永遠に肌を育てるメカニズムは甦りません。

サジージュースは1日約100円。
今日明日だけ、なんとか「偽物のハリ」を手に入れたい。これから永遠にお金を変え続けてもいいという方は別ですが

  • 肌自身が持つ修復力をのばしたい
  • 新しい表皮がリズムよく生まれる肌になりたい

そんな方には毎日のサジージュースで200種類以上の栄養素をおすすめします。
あなたの肌がうまれかわるには、個人差はありますが180日程度です。

 

サジージュースのビタミンとアミノ酸で、毎日新鮮な細胞をつくりましょう

広告でよくある「しっとりとした肌に手のひらが吸い付くようなイメージ」がありますよね?もっちり肌になりました!という感じ。

実はあの「急激なもっちり効果」は肌の乾燥を加速させるものなのです。

触った感じはしっとりしてるのですが、これは「上から乗ってるだけ」です。
しかも乾燥した角質の上に「ヒアルロン酸」などの保湿成分を乗せてしまうと、肌自体が持っている保湿成分をもつ潤いを奪ってしまうのです。

その結果「表面は潤ったような状態」で「肌内部では乾燥が進む」という最悪の結果になります。次に表皮になるべき細胞が、最初から乾燥し傷ついた状態になってしまいます。

 

肌は体の他の部分と同じように「アミノ酸」と「脂肪」を主として作られています。
アミノ酸の組み合わせでできたタンパク質は、そのままだと傷つきやすいのですが、外部と接触している肌の表面には皮脂という「油脂」を出すことによって外界からの攻撃(紫外線や排気ガスなど)からまもっています。

油紙で巻くように身体をそっと包み込んでいるのが油です。油で包まれた部分【皮膚の表面】を バリアゾーンと言います。

サジーにはお肌によいオイル、油脂栄養素が、果物ではトップクラスに入っています。
肌の材料でもある「アミノ酸」は体内で作れず、食事からしか摂れない「必須アミノ酸」がすべて含まれています。

サジージュースで肌自体が持つ力をアップさせて、効果な化粧品でごまかさなくても若々しい肌になりましょう。