サジーに豊富に含まれる「アミノ酸」の話〜バランスよく含まれるのがベスト〜


たんぱく質がアミノ酸に変わるまで(サジーには最初から「アミノ酸」として含まれています)

たんぱく質を食事で摂取すると

  • 胃の中で「ペプチン」
  • 小腸内で「エンドペプチターゼ」

によって「ポリペプチド」というものになります。さらにエキソペプチターゼにより「アミノ酸」に分解されます。

小腸で吸収され、肝臓に入ります。

 

サジーに含まれるアミノ酸は「たんぱく質」の原料

たんぱく質は

  • 炭素
  • 水素
  • 酸素
  • 窒素原子

を含んで構成される「高分子化学」です。

私たちが生きていく上で必要な「たんぱく質」は、上記のような行程で絶えず分解されて「アミノ酸」になります。そして再び最適なたんぱく質になるためにはアミノ酸が必要です。

これが

「豚肉を食べたのに人間の体になる」ことの原理で、食べたものは全て分解され、また、新たに組み立て直されるのです。

 

サジーには必須アミノ酸が全種類含まれている

たんぱく質を合成するためには20種類のアミノ酸が全て同時に必要となります。その中でも体で合成することができないので食事で取らなければならない「必須アミノ酸」は9種類あり、サジーにはその全てが含まれています。

必須アミノ酸は

  1. ロイシン
  2. イソロイシン
  3. パリン
  4. スレオニン
  5. リシン
  6. メチオニン
  7. フェニルアラリン
  8. ヒスチジン
  9. トリプトファン

このうち「ヒスチジン」はもともとは体内で合成できるのですが、その速度が遅いため食事による摂取が不可欠だということになりました。この必須アミノ酸が一つでも不足すると十分なたんぱく質ができません。

たんぱく質は体の材料になるので「新鮮な材料がない」状態となり、肌や内臓まであらゆる部分が「古いまま」になってしまいます。

 

サジーに含まれるアミノ酸は運動にも不可欠

体を動かすためには「分岐鎖アミノ酸」と呼ばれる3種類のアミノ酸が必要です。

  • ロイシン
  • イソロイシン
  • バリン

です。

分岐鎖アミノ酸を摂取すると、筋肉から遊離するヒスアミノ酸は少なくなり、筋タンパクの分解を抑制します。

ロイシンは筋タンパク質の分解を抑制、合成を促進し、同時にインスリン似寄る筋タンパク質合成を増大させます。

 

サジーに含まれる必須アミノ酸が運動後に威力を発揮する

運動後は、必要なたんぱく質を補給すると筋タンパク質の合成が増大します。特にロイシンは筋タンパク質の合成を促進するとともに分解を抑制します。
運動時に生じた筋損傷の補習や筋肉痛・筋疲労の軽減に役立ちます。

運動直後から24時間は筋タンパク質の合成が促進します。

 

サジージュースを飲むと疲労回復が早いと言われるのは、たまった疲労を分解するクエン酸サイクルの働きとともに

  • 体を動かす
  • 動かした後のサポートをする

アミノ酸が豊富に含まれているからだと言えます。